森のてつびん屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 使い始めの注意

<<   作成日時 : 2017/02/07 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

工房引越しから、もうすぐひと月。
何とか仕事を始めてますが、道具があっちゃこっちゃいって何をやるにしても
道具探しから始めなくてはならず、さっぱり仕事が進みません(T_T)
道具の位置を把握してテキパキ動けるまで、もうしばらくかかりそう。



さて、タイトルの「使い始めの注意」、なんのってもちろん鉄瓶のですけど、
さんざんお客さんには使い始めが錆びやすいですから注意してくださいね!なんて
口が酸っぱくなるほど言っていたのに…やっちまった〜
新品の鉄瓶を、錆びさせてしまいました(゜o゜)

以前作った3ℓサイズのでっかい鉄瓶、形が気に入らなかったのでお蔵入りしていたもの。
どうせ売り物にならないし、壊すのももったいないのでうちで使おうと思い
さっそく工房の反射式の石油ストーブの上に置いて使用開始!

サイズがデカいのかストーブの火力が弱いからか、なかなか沸いてくれない。
その時気づけばよかったが、いや気付くべきだった!鉄瓶屋なら…




画像

                気持ちよくストーブの上でお湯を沸かしてくれていると思ったが…




さっぱり沸騰しないまま数時間、その日はそのお湯を捨て、ちゃんと乾かし
そして次の日も同じく水を入れ石油ストーブの上で沸騰しないまま数時間…
仕事終わりに乾かそうと思いお湯をジャボジャボあけたら・・・・・・
お湯が赤け〜〜〜!
なんでなんで???

なんでじゃねーよ!

あほか〜、何年鉄瓶屋やってんだって話ですよねぇ…

使い始めが一番錆びやすいって、
慣らしをしっかりやってくださいって、
何回この口が言ったことか。










画像







ごめんよ〜
使い始めてわずか10日。
外見は若者のようなピチピチお肌なのに、
内側は疲れ果てたおじさんの様になってしまった…




でも大丈夫。
すぐ気付いたから錆は鉄の内部まで浸食してないので、お茶を何回か
沸かしただけで錆湯はもう出ません。
見た目は良くないですが、お湯が透明であれば問題なしです。
おじさんのカサカサお肌でも、お湯が美味しきゃいいのです(なんか表現が悪いな)








と、いう事で(*^-^*)

使い始めは、しっかり沸騰させてその都度お湯は空ける。

使い始めは水を入れたままにしない、は当然の事、
沸騰しないままダラダラと火にかけない。
ダラダラ火にかけてていいのは、湯垢が付いてきてから。(使い始めから1〜3か月)



ここで注意してほしいのが、薪ストーブで鉄瓶を使用する方。
買ってすぐ薪ストーブの上に置いて、
「うーむ薪ストーブにはやはり鉄瓶だな、ふふ」
なんて沸騰しないでぬるいままダラダラ置きっぱはマズいですよ!
火がいつもガンガン燃えている訳ではないでしょうから、沸騰していないようでしたら
すぐにお湯を空け乾かしましょう(あくまで使い始めは、ですよ)



なんか使い慣れしすぎていて、なめてました。
慣らし期間は重要です(いまさら…)
新しくお使いになる方、使い始めは慎重に。


あ、でもあまり難しく考えないでくださいよ。
錆びがでたって大丈夫使えるんですから!
(ですから!じゃねーよ。しっかりやれ、ってね・・・トホホ)





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
使い始めの注意 森のてつびん屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる