南部鉄瓶、金気止め

今日はお仕事の紹介。
画像

釜焼きと言われる、南部鉄瓶独特の伝統技法です。
炭火で1000度近くまで温度を上げ30~40分位かけ
焼き上げます。この時温度の調節が難しく、温度が低すぎると焼けないし
高すぎると歪んだり、へたすると溶けてしまいます。
経験と勘が必要です(えっへん!)

画像

う~ん、この色・・・美しい。神秘的な色、毎回見蕩れます。
写真じゃこの美しさは伝わらないのが残念。
で、釜焼きをやることにより内部に皮膜ができて錆(金気)を防いでくれます。
この仕事は、冬は暖かくていいんですが夏はホント地獄です・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック