火色返し

久々の大雨が降っている雫石です。
この雨から秋に近づき、暑さも落ち着いてくるとか。(ほんとかな?)


今日のお仕事は、着色前の火色返しという作業を
やってました。
この作業は、着色仕上げの前に炭火で400度ほどに熱し
鉄瓶の表面に薄い膜をはらせる事により、錆びにくくする事と
この後の漆を焼き付ける時、漆が付き易くする為の作業です。


画像


火色返す前の鉄瓶達。まるで銀瓶のようですね。
この段階は、凄く錆びやすい状態です。





画像



あぢぢぢぢぢい~と言ってるかどうか・・・。
あ~いい火加減だあ~、かな?





画像



表面が青っぽくなってるのがわかると思います。
少しだけ錆びにくくなります。
そして、更に漆を焼き付ける事により
錆から身を守ります。

この作業を怠ると、漆を焼き付けても
表面に錆が出てしまうのでしっかりやらないといけませぬ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック