お湯が赤い!自分で直そうヽ(^o^)丿

さあ4月です(すでに中旬ですが)
森のてつびん屋も7年目に突入!
いや~早いな~、独立した時は1年先も想像できなかったけど、
たくさんの方々に助けられながら何とかここまで鉄瓶屋としてやって来られました。
この場をお借りして厚く厚く御礼申し上げます!
7年目もどうぞよろしくお願い申し上げます~!!




さて、森のてつびん屋として鉄瓶を作り続けて6年。
その間たくさん鉄瓶を作りお客様の手に渡っていったわけですが、
もしかしたら、初めは使ってたけど錆びさせちゃって今は仕舞ったまんまなのよね~
という方ももしかしたらいるかもしれませんね。

そこで今回は内部が錆びてしまい、沸かしたお湯が赤くなってしまう鉄瓶の
直し方をお伝え致します。
ぐれてしまったmy鉄瓶を、もう一度あの頃のいい子ちゃんに育てなおそう!






画像


じゃん!この鉄瓶は十数年前やっと鉄瓶が一人でも作れるようになった頃、
南部鉄器新作展に出品するために一生懸命に作った代物。
残念ながら賞には入らなかったけど、何かの賞の選考に残ったと後から聞いて
当時はそれだけで飛び上るほど嬉しかったのを思い出します^^
(初々しかったあの頃のワタシ)
ちょうど鉄瓶を欲しがっていた親戚に喜び勇んでプレゼントしたのですが、
もしかしたら(なんだこの鉄瓶は…帽子?普通のがほしいな)と思ったかも。
はじめは気に入らなかった(想像)鉄瓶だけど、せっかく甥っ子が作ったものだからと
大事に大事に使ってくださいました。
しょっちゅう鉄瓶が湧いているときに濡れ布巾で磨いていたそうで、いい具合に艶が出ていますね。

ですが、最近お湯が赤くなるという事で直しの依頼が。
濡れたまま忘れて放置してしまったのかな。
濡れたまま放置は確実にぐれるよ。








画像


で、実際沸かしてみると…
確かに赤いですね。お湯の味も鉄臭い・・・










画像


そこで、お茶パックに緑茶を入れてグツグツ煮込んで、火を止め一日放置!











画像


で、次の日お湯をあけると…
お~ブラックだぜ~お歯黒だぜ~

(黒水を捨てたら普通にお水を沸かして透明度をチェック!)

で、この方法を4~5回繰り返せば、元の透明な美味しいお湯に
戻るでしょう、と高を括ってましたらこれが大苦戦!
何回やっても黒い。そしてお湯を沸かすと赤い。むむむ…










画像


10回ほどやってみてやっと黒色が薄まってきました。
これは根気よく気長にやらんといかんな、と結局20回近くお茶を沸かしてみたかな。
さすがにだいぶお茶も黒くなんなくなったので、あとは普通にお湯を何回も沸かしてフィニッシュ!










画像


ようやくお湯が透明に~、ふ~(-。-)y-゜゜゜


この方法は、煎茶の成分のタンニンと鉄錆が反応して
タンニン酸鉄となり、鉄瓶の内部にタンニン酸鉄の被膜ができる事により
これ以上の錆を抑えてくれるんですね。ほ~

タンニンがポイントなので、タンニンが出れば何でもいいのですね。
昔は、ジャガイモの皮とか柿の皮、栗なんかを鉄瓶に入れて沸かし、
錆を防いでいたらしいですよ~
こういう生活の知恵って忘れず伝えていきたいですね^^









画像


直しの依頼が来た時の画像を撮り忘れたので比較が出来ませんが、
20回ほどお茶を沸かしてこんな感じに。
もっと赤かったはず、です(-_-;)

という事で、錆がでてもう使えないとがっかりしている方
根気よくやれば必ず復活しますので、諦めないで試してみて下さいね。

内部の赤色は(見た目は)元に戻りませんが、
要はお湯が赤くならなければ全く問題なしです!
(万が一赤いお湯を飲んでも身体には無害ですので、ご心配なく。ただ不味いだけ)
苦労して更生させた鉄瓶は愛着も倍増ですね。


何年も湿気のある所に放置してボロボロの真っ赤っ赤の鉄瓶は
この方法では直らないこともありますので、その場合はお買い上げの
鉄瓶屋さんに直しを依頼すると間違いなしですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック