アクセスカウンタ

<<  2018年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


黒いなにか

2018/09/29 08:28
こんにちは。

最近お客様から、鉄瓶を長く使っていて白湯に何か黒いものが混じる、
という問い合わせを何件かいただきました。



黒いカス?これ何??鉄のカケラ?
あーあるある、なんだかわからないけど、取りあえず使ってます。
って方もいるかと思いますので、今日はそれについてご説明いたします。









今まであんまり気にしてなかったけど、
うちで使っている鉄瓶は大丈夫かな〜って、改めて調べてみると…
(うちでは5、6個の鉄瓶をローテーションして使ってます。)

5つはきれいな白湯でしたが、1個黒いのが出てるのがあった!!












画像


うむむ、黒いなにかが沈んでる・・・(;゚Д゚)










この黒いのは何かといいますと
えーとえーと、


その1〜酸化被膜

鉄瓶の制作工程で、錆止めを施す「釜焼き」という工程があります。
「釜焼き」は鋳上がったばかりのまだ鉄丸だしの鉄瓶を
40分〜1時間ほど炭火で真っ赤に焼きます。

そうする事によって、鉄瓶内部に酸化皮膜という膜(焼き皮といいます)をつけて
錆を出難くする南部鉄瓶の独特の防錆加工なのですね。









画像

800度〜1000度で焼きます。
やり過ぎると熔けてしまう事が…(新人の時やりがち)





鉄瓶を焼き過ぎると厚く皮膜がつき剥げ易くなっていて
それがポロポロっと剥げてきたものが、黒いなにかの正体の一つと考えられます。
この酸化皮膜は四酸化三鉄いわゆる黒錆※で
身体には害は無く、万が一飲みこんでも問題ありませんのでご安心を^^




※錆には赤錆と黒錆があります。
どちらも飲み込んでも身体に害はありませんが、
鉄瓶とっては赤錆は身を亡ぼす大敵なので、
赤錆が出ないように湿気や水の入れっぱなしには
くれぐれもご注意を。

逆に黒錆は赤錆の腐食から身を守るよい錆です。
この黒錆を強制的に鉄瓶内部につける作業が釜焼きなのです。


(どんなに大事に使っても赤錆は斑点状にポツポツと出てきますが、
赤錆が出たとしても驚かないでそういうものだと思って、
気にせずそのままご使用ください。
ちゃんと乾かしていれば、赤錆が広まる事はありません)







その2〜漆

鉄瓶を仕上げる前に、水漏れがあるかないかチェックしますが
その時どうしても水が染み出ることがあります。
そのまま仕上げて販売するわけにはいかないので、その個所は
漆で補修します。

で、長年使っているとその補修でつけた漆がやはりポロポロっと
取れてくることがありますね。
これが黒いなにかの正体のもう一つと思われます。










画像



黒いところが漆で補修した部分。
これが少しずつ取れてきたのですね。

天然の生漆を使っています。
これも万が一飲みこんでも問題ありません。
もちろんかぶれる事もありませんので、ご安心を。




あとたまに白いものが白湯に混じっている時もありますが、
これは湯垢(鉄瓶内部に付着した水中に含まれる石灰、カルシウム等)ですね。
湯垢は鉄瓶にとっては錆を防いでくれる大事なものですので、
あまりきれいな感じはしませんが、こすり落としたりしない様
お願いしますね。


ここまで簡単に説明しましたが、鉄瓶は何百年も前からの技法で
作られ、そして何百年も使われている道具です。
今の時代では、錆とか湯垢とかあまり清潔な感じがしないかもしれませんが、
身体に悪いことがあれば、こんなに長く使われることは無い筈です。
なのであまり神経質にならず、おおらかな気持ちで
使用していただければ有難いです^^













画像




ひめくりさんでの鉄瓶展。

前半戦はたくさんのお客様に来て見ていただきました。
わざわざ遠い所から来てくれた方もいて、本当にありがとうございました!

あと4日間、10月2日までです。
いい季節の盛岡です。
中津川を散歩がてら、どうぞお越しくださいませ〜!


台風よ、去れぇぇぇ










記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


始まりました

2018/09/23 09:35




こんにちは。

秋真っ盛り!
いやぁ気持ちいいですね〜、なんか気分もいい!

あちこちでいろいろイベントが開催されていて、
秋祭りだったりクラフトフェアだったり、フェスだったり。
ウキウキします^^







そして盛岡市紺屋町でもやってます!
鉄瓶フェス…ふふ










画像






ひめくりさんのお店半分てつびんいっぱいです。














画像







ちっさい小物もたくさん並んでます。















画像








冬に向けて岩手の必須アイテム、南部鉄瓶。
ご用命はお早めに。



今日(23日)はわたし一日出ているので、
使い方やお手入れなど、わからない事がありましたら
お気軽にお声をかけてくださいね!


「鉄瓶のある暮らし」

9月21日(金)〜10月2日(火) ※27日(木)は、お休み

10:30〜18:30(最終日16:00)


ひめくり

盛岡市紺屋町4−8

019−681−7475



お待ちしております〜(^^)/






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


21日からです

2018/09/19 10:15
こんにちは。

稲穂も黄金色に実り、収穫の秋本番ですね〜
パンパンに膨らんだ稲穂を見てると、
なんか心が豊かな気持ちになりますよね。

人間の本能なのかな、これで安心して冬が越せるぞ!っと。
農家さんに感謝です^^









さて21日から始まる、ひめくりさんでの鉄瓶展。
いよいよです〜

鉄瓶のほか、最近作ってなかったリンゴやクルミ、
鉄瓶の蓋の摘みのペーパーウェイトも久しぶりに作りましたので、
どうぞご覧くださいね〜。

あとは以前も紹介した、コーヒー豆を焙煎する鉄の焙烙も
ちょっと改良して作りましたので、手焙煎で美味しいコーヒーを
楽しみたい方は見てみて下さい。












画像




手前が改良版。
口が大きくなって、取っ手の付け根を以前ははネジ止めでしたが
鉄瓶によくある、いわゆる「つかみ鉉」方式で固定しました。

前のは、焙煎する時にどうしてもでる豆の皮(チャフ)が飛び散らないように、
また焙烙を振る時に豆が飛び出ないようにと、口を小さくしてました。
ですがこれだと口が小さすぎて、豆を入れづらいし焙煎中に
豆の色具合が見づらいって事で、口を大きく変えました。

結果チャフは少し飛びますが、焙煎具合が見てわかりますので
失敗が少なくなりました。
(慣れれば失敗する事はなく、安定して焙煎出来ますよ)








画像




チャフが飛び散ってますが、この程度です^^

手焙煎というと、手網を使ってやる人が多いでしょうが
鉄の焙烙だとIHで出来ます!
IHだと、ずーと持ち上げて振り続けなくていいので楽ですよ〜
持ち上げなくてもいいと言っても、焙煎中は常に振り続けなきゃならないので
結構たいへんですが…鉄なので重いからね。
















画像


右が浅煎り。
左が中深煎りってとこですかね?

煎り時間を調節して、焙煎度合いを調整します。
生豆30gくらい(約2人分)で、10〜14分で焙煎出来ます。


















画像



このモコモコ!
煎りたて新鮮ほど膨らむそうです。

あとは美味しくいただくだけ。
自分で焙煎したコーヒーは格別です^u^





焙煎で味が大きく変わりますが、
生豆の産地、種類、鮮度、挽き方、抽出方法で
無限に広がるコーヒーの世界。深すぎますね・・・


ま、わたし深く考えられないたちなんで、
美味しきゃいいや、って感じですけど。はは…



※鉄の焙烙 税込21600円











さ、って事で21日からお待ちしておりますよぉぉ!



画像











記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鉄瓶のある暮らし

2018/09/11 07:14
こんにちは。

先週までは夏の名残かちょっとだけ暑かったですが、
すっかり秋めいて涼しい雫石です。
夜はパンツ一丁から、パジャマを着ないと寒くて寝れなくなりました^^
そしていよいよ冷たい麦茶から、熱〜いお茶っこが恋しい季節となりましたね!






という事で、迫ってまいりました。
いよいよ21日から始まりますよ〜










画像






「鉄瓶のある暮らし」

9月21日(金)〜10月2日(火) ※27日(木)は、お休み

10:30〜18:30(最終日16:00)

shop + space ひめくり

盛岡市紺屋町4−8

019−681−7475


今回のDM、紙町銅版画工房の岩淵さんに作ってもらったんですよ。
これ写真じゃないんです、銅版画なんです!凄いでしょ〜(;゚Д゚)
銅版画については詳しくはわかりませんが(汗)、
見れば見るほど鉄瓶の質感がリアルに出ていて、
ほぇ〜っと感心する事間違いなしです。たまげます。
もしどこかで見かけたら、ぜひお手に取ってご覧ください!
あ、DM見たらぜひ、ひめくりさんへお越しくださいね〜




※この銅版画の制作過程は紙町銅版画工房のFacebookに簡単な説明があります。








画像


これも以前、岩淵さんに消しゴムはんこで作ってもらった「森のてつびん屋」マーク










画像





22日と23日は、わたしお店に居まして鉄瓶についてのご相談を
受け付けていますので、何か鉄瓶について聞きたいことがありましたら
お気軽にお声を掛けて下さいね。
作り手がいるとゆっくり見られないんだよね〜、という方は
この日をお避け下さい(^^;

あと、我が家で現在使っている鉄瓶で沸かした白湯なんかも飲めますので
鉄瓶のお湯の美味しさをお試し下さいませ。


















画像


文鳥ツマミ。
(カラスじゃないよ)

当日は25種類〜くらいの鉄瓶が並びます。
各1点です。
ご希望の鉄瓶が売約済みの場合、ご注文となりますが
その場合お渡しできるのは来年以降になってしまいますので、
お気に入りの鉄瓶がありましたらお早目に!(と、煽る)












記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2018年9月のブログ記事  >> 

トップへ

森のてつびん屋 2018年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる