鹿児島で南部鉄瓶



こんにちは。

コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか?
3か月前は、GW頃には終息して普通の暮らしに戻っていると呑気に思っていましたが、終息どころかまさかこんなひどい状況になってしまうとは…
早く終息するのを祈るばかりです。







さて、こんな中ですが九州は鹿児島で展示会が始まります!14日からね。





img205.jpg


img204.jpg






「日本の手仕事 -東北」

5月14日(木)~24日(日)

壺中樂

鹿児島県鹿児島市吉野町2433-17
TEL099-243-2555

11時~18時(期間中無休)

出品者

佐々木暢子 (浄法寺漆器)
柴田慶信商店(大舘曲げわっぱ)
髙橋大益  (南部鉄瓶)




昨年から楽しみにしていた、初の鹿児島での展示会。
早くから飛行機のチケットもホテルも予約したし、夜は本場の焼酎でカンパーイ!と、佐々木暢子さんとも話してウキウキワクワクしてましたが…
すべて水泡と消えました…涙
この状況で行けるわけないし、ってか行こうにも乗る予定の便は欠航したし…


残念ながら作り手は行くことが叶いませんでしたが、展示会は予定通り開催されますのでこの機会にぜひ南部鉄瓶をお手に取ってご覧ください。
浄法寺塗りの漆器や、曲げわっぱも鹿児島ではなかなか見ることはないと思いますので(デパートとかには置いてるのかな?わからんけど)ぜひぜひ東北の伝統工芸品をこの機会にどうぞ。

浄法寺漆といえば、いまや国の重要文化財(日光東照宮や京都の金閣等)の修繕に使われる貴重な漆ですよね。
その浄法寺塗りの塗師・佐々木暢子さんの制作した作品。独特の光沢があって佐々木さんらしい優しい雰囲気が感じられる漆の器たち、ぜひ食卓へ一つどうですか。
うちでも佐々木さんのお椀を使ってますが、5年たっても今でも艶々、普通の味噌汁が5倍増しです、いやマジで^^。いい食器を使うと心が豊かな気分になりますよね。


柴田慶信商店は、知ってる人は知っている曲げわっぱ界の超メジャー。選んで間違いなし、です。
以前勤めていて弁当を持って歩いた時代は、自分も曲げわっぱの弁当箱を使ってました。お昼の時間が待ち遠しかったな~。
みなさんも秋田杉の香り漂うわっぱ弁当、おすすめです!




DSCN7299.JPG

うちのお椀(まり椀)と、曲げわっぱ弁当箱と鉄瓶わっかです。
(曲げわっぱは20年前に買ったもので柴田さんのものではないと思います。画像はあくまでイメージです^^)

※棗型鉄瓶わっか 1,2L 36000円(税抜)




さ、もう5月、やべーまだ出来てない、時間がないぞ、GW中も休まず作らねば…!

鹿児島の皆様、お楽しみに!(楽しむって、このご時世不謹慎なのかな…)













DSCN7123.JPG

久々にキツネのゴン吉が姿を見せました。
裏のまだ何も植えて無い畑を何やら掘ったぐっていました。
掘ってもなにもないよ^^