鉄瓶とフレンチプレス




こんにちは。

コーヒーの好きな方は知っていると思いますが、フレンチプレス(コーヒープレス)ってコーヒーの抽出器具がありますね。
自分恥ずかしながら最近知ったんですけど、これで淹れたコーヒーがホント旨いんです!

今までペーパードリップで淹れてましたが、てつびん屋ですから当然鉄瓶を使ってお湯を注ぐのですけど、結構テクがいるんですよね~。
割とお湯を細く注ぐことは出来るんですけど、さすがに専用のドリップポットの様にはいかないのですよ。

注ぎ口を細く細くと考えて作ったのが「鉄薬缶カンテラ型」です。
これ以上注ぎ口を細くすることも出来なくもないのですが、鋳造で制作するには手間がかかり過ぎるので販売する商品として作るのは現実的ではないんですね。オシャカ率も上がるので制作の効率がよくないし、当然価格も上がってしまいますしね。



P1010905.JPG









そこで、ドリップじゃなくて鉄瓶でも簡単に美味しく淹れることのできる方法はないのかな~、なんて考えていて見つけたのがフレンチプレスなんですね。ってかコーヒー好きには、今更!?って事なんでしょうけど…



DSCN8253.JPG

こんなヤツです。
見たことある人も多いと思いますけど。自分もお店で見たことはあったんですけど使い方までは知らなかったです。

画像のは、ポダム社製の500ml入るタイプです。

ちなみに左は、ぽっとっと(小)0・8L












DSCN8204.JPG

淹れ方を簡単に説明します。
あ、自分コーヒー好きだけど味に関してこだわりとか全然ないので(ってか味オンチ^^)割とテキトーです💦

コーヒーの粉は中挽き~粗びきに挽いたものを使います。
コーヒープレスの網って金属製でペーパーに比べると目がかなり粗いので、細かい粉だと粉が網目をすり抜けてざらついた舌触りのコーヒーになってしまいます。
なので挽くときは、出来るだけ微粉の出ない中挽き~中粗びきで。

量は粉10gに対して150ml~170mlくらいのお湯を注ぐ感じ。
これも好みなので、何度も入れてみてお好みの濃さを探してみて下さい。

粉を入れる前に、あらかじめ器具にお湯を入れ温めておくといいそうです(自分はやってないですけど…)














DSCN8212.JPG

ここで鉄瓶登場!

一気に注ぎたいところですが、お湯の温度が熱すぎると雑味が出てよくないとかなんとか…
なので鉄瓶が沸騰したら、少しだけ水を足してちょっとだけ湯を冷まします。90℃強くらいに。
いや、こんへんあんまりこだわらなくてもいいですよ、微妙な差だと思うので。沸騰したお湯を注ぐこと、といってる人もいるしね。

お湯の温度もいい感じになったら、お湯を粉全体にかけるように注ぎ、粉を蒸らします(この辺はペーパードリップと同じですね)
新鮮な豆ほどプク~と膨れてきますね。

30秒ほど蒸らしてガスを抜かしたら、一気にお湯を注いでいきます。
ココ!ココがペーパードリップとの大きな違い!
ペーパードリップの場合、ここのお湯を注ぐ作業がめちゃ神経を使う所ですけど、フレンチプレスの場合気遣い不要!特に回しいれる必要もなく一直線に注いでOKなのですね~^^

お湯を分量通り入れたらスプーンで粉とお湯を軽くかき混ぜ、プランジャー(蓋・網の部分)を上に被せセット完了!












DSCN8217.JPG

お湯の量は、しっかり量りましょう。
いつも決まった粉の量、お湯の量で淹れないといつも違う味になって、いつまでたっても自分の好きな味が見つけられませんからね。

抽出時間は、4分! ココ大事です!
短すぎると香味が薄く(軽く)、長くすると濃く雑味も出て味が悪くなります。
4分という数字は、どのコーヒー屋さんも同じなのでここだけは絶対なんでしょう。

2分8秒経過~
コーヒーの香りと共に待っている時間は心地の良いひと時です♪~







DSCN8220.JPG


ピピピー(タイマー音)
4分経ったので、プレスして行きまーす。




DSCN8225.JPG

ゆっくりと、美味しくなーれ美味しくなーれ…と念じながら(あくまで心の中で)、プランジャーを下げていきます。
コーヒーのおいしい成分がジュワジュワ~と出ている感じがしますね。










DSCN8229.JPG


プランジャーが下まで降りたら、いよいよ注いでいきますよ~

ここで大事なのが、注ぐ時あまり傾けすぎない事。
傾け過ぎると、上部からコーヒーがこぼれます…って、それもそうですが傾けすぎると網を通り抜けた微粉がカップの中に入っちゃうんですね。
なので、注ぐときは器具を振ったり一気にドバーっと注ぐのはやめましょう。














DSCN8235.JPG

美味しいプレスコーヒー出来ました!

表面をよく見ると、薄っすら油膜が張っています。
カップが汚れていたのではありません!
フレンチプレスで淹れると、コーヒーの油脂分まで抽出されます。そのオイルが網を通り抜けてカップに注がれるので表面に脂が浮いてしまうのです。

ちなみにペーパードリップだと油脂分は紙で止まり濾されませんので、綺麗な琥珀色のコーヒーとなります。















DSCN8244.JPG

甘いお菓子と一緒にどうぞ^^
フレンチプレスで淹れたコーヒーは、(淹れ方にもよりますが)濃くて苦みも出るので甘~いスイーツにバッチリ合います!




フレンチプレスは油脂分どころか、豆のいい所も悪い所も全部抽出されるので、淹れる人のテクニックに関係なく豆の実力がそのまま味に出るのです。
濁りは出ますがコクがあって飲み応えのある味わいのコーヒーとなりますよ。

ドリップコーヒーとは全く違う風味。
でも好き嫌いは分かれるかもです。特に舌に若干残る微粉が気になる人はダメかも。

いずれにしてもお湯を注ぐのに気を使わなくていいので鉄瓶で淹れるにはピッタリの抽出器具ではないのでしょうか。


コーヒー好きの鉄瓶ユーザーの方は、フレンチプレス(コーヒープレス)をぜひお試し下さい!
ドリップとは一味違うコーヒーが楽しめると思います^^




ちなみにフレンチプレスの価格は、高いのもありますがネットで3000円前後で購入出来ます。










今回紹介した鉄瓶

鉄薬缶カンテラ型 1・5L     85000円(税抜)

鉄薬缶ぽっとっと(小)0・8L   30000円(税抜)



掲載された鉄瓶については、
info@tetsubinya.com 森のてつびん屋・鉄瓶工房高橋まで、お気軽にお問い合わせ下さい。




























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント