しんこ抜き

寒い日が続く雫石です。

盛岡が-11℃の朝、雫石は-15℃でした。
盛岡のお隣だけど違うもんです。

この時期どこの釜屋さんも忙しいのですが、
うちのような小さな工房もありがたいことに忙しいです。

鉄瓶作りは工程が多いので、段取り良く仕事を進めないと
効率よく作れないので、けっこう頭使って作業をしています。(ホントかな~)

今日の仕事は、しんこ抜き!


画像


説明しよう、しんことは注ぎ口型の中子の事である。・・・?


画像



つまりですね、
注ぎ口のお湯が流れる空洞の部分の型をしんこ(中子)といいます。
注ぎ口型としんこの間の隙間に溶けた鉄が流れる、
鉄が固まったら、しんこをえぐり出すと空洞が出来るっちゅうこってす。

説明へた~。

画像



右が、しんこ抜き専用の型。
しんこを作る作業をしんこ抜き、というんですね。

一番上の写真が抜いたばかりのしんこ。
材料は、川砂と水で溶いた粘土。
乾かしたら、炭火で焼きます。

2番目の写真が、炭火で焼いて黒味(くるみ、と読む 焼付け防止の炭の粉汁)
を塗ったしんこ と、注ぎ口の型。

そのつどそのつど作っていたら効率悪いので
一気に沢山作っておきます。

へたに作ると、お湯がきれいに出ないので気を使って作業します。

ホント、鉄瓶1個作るのに地味~な作業が沢山あるんですねえ。


ってか、説明するって難しい・・・。

"しんこ抜き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント