名古屋でやります



こんにちは。

今年は雪が多いですね。
雪かきの回数が多く腰に負担をかけすぎたのか、今年早くもぎっくり腰をやってしまい只今安静にしているてつびん屋です(泣)
亡き父も若い頃からぎっくりオヤジだったんですが、こういう所も遺伝するんですね…親の悪い部分ばかり引き継いだ出来そこないの私…。
腰をさすりつつ、なんか嫌な気持ちで窓の外の雪を見詰める今日この頃です。
(ちなみに親父は鉄瓶職人ではありません)



さて!ここからは嫌な気持ちを振り払って元気に行きますよ~!

前回お知らせした通り、名古屋のAnalogue Lifeさんで展示会です^^v





A4Y_soto4ori_back.jpg

A4Y_soto4ori_front.jpg



「手仕事のある風景」
 
2021年 2月13日(土)~21日(日)

12時~18時  16日(火)お休み

Analogue Life

名古屋市瑞穂区松月町4-9-2-2F

090-9948-7163


出品工房
多鹿治夫鋏製作所 (鋏)
富貴堂(鎚起・手作り銅器)
米澤箒工房(箒)
高橋大益(鉄瓶)


日本には、昔ながらの技法でものづくりをされている方が全国各地にいらっしゃいます。
彼らは何世代にもわたってその技法を守り続け、培った技術を後世に残していこうと日々奮闘されています。
しかしその一方で後継者不足、素材や道具の安定供給などさまざまな問題があるのも事実です。
今回、そんな手仕事を絶やさないためにより多くの方に手仕事の素晴らしさを知っていただき、暮らしの中に取り入れていただくことで職人の方々が継続的に製作できる環境づくりに微力ながらお役に立てればとの思いから、このような展示を企画いたしました。
参加していただく職人の方々は確かな技術と豊富な経験に裏打ちされたものづくりをされており、現代の暮らしに寄り添った品々を製作されています。
この展示により、職人による手仕事の魅力に気づき、日々の暮らしに豊かな彩りを添えていただけるきっかけとなれば幸いです。

~お店HPより~



コロナ禍でお出掛けするのも大変気を使う状況ですが、よろしければこの機会に
鉄瓶はもちろん手作りの鋏・銅器・箒の逸品をお手に取ってご覧ください。
家にいる時間が多いこの頃ですので、良い道具を使って普段の暮らしを少しでも楽しいものにして頂ければ嬉しいです。



本当ならば名古屋まで行ってお店に出る予定だったのに、このコロナのせいで…
名古屋メシ、楽しみだったな…












出品する鉄瓶の一つを紹介します。



DSCN7566.JPG

鉄薬缶肩衝型鍛管鉉 1・5ℓ 


DSCN7572.JPG

この鉄瓶の特徴は、何といっても鉉(つる・取っ手)ですね。
鉉鍛冶屋さんにお願いした特注で管(パイプ)鉉となっております。
中空になってますので、沸かしても熱くなりません!※
鉉本体と管が固定されていないので、カチャカチャ動くのもいい感じですよ(語彙力が低くて…汗)



※火力の強い熱源で使用すればさすがに熱くなりますので、その場合は布巾等をお使い下さい。


DSCN7577.JPG

更に鉉が傾きますので、蛇口から水を入れたりポットから空けるのにのに便利ですよ。





DSCN7584.JPG

更に、注ぎ口の先端が尖っているので、お湯の切れがとっても良いんです!
注いだ後に湯がタラ~っとなりません。いや、使い方によってはタラっとなることもあるかもしれませんが、間違いなく湯切れはgoodです!

いわゆる南部鉄瓶ってデザインではありませんが、現代の暮らしにマッチする鉄瓶をと思い作ったものです。

どうぞお手に取ってご覧ください




鉄薬缶肩衝型鍛管鉉 1・5ℓ  70000円(税抜)



掲載された鉄瓶については、
info@tetsubinya.com 森のてつびん屋・鉄瓶工房高橋まで、お気軽にお問い合わせ下さい。























2021年の予定です



こんにちは。

年明けから大雪、寒波に緊急事態宣言と波乱含みの始まりとなりましたが、2021年も雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ雪ニモコロナニモ負ケズ、地道に鉄瓶作りに励みますよ。 続けることが何より大事ですもんね!

今年も森のてつびん屋をどうぞよろしくお願い致します!



さて2021年も始まったという事で、今年の展示会の予定をお知らせしようと思います。


2月

名古屋のアナログライフさん

「手仕事のある風景」

2月13日~21日

鋏・銅器・箒(ほうき)と、うちの4工房での企画展です。



3月

雫石駅で「工房まつり」

日時未定

雫石町の陶磁器や漆器、亀甲織り等20数工房が集まる展示会です。
開催は今のところ微妙かな…昨年もコロナの影響で中止だったからね。



4月

富山のノビル舎さん

4月16日~28日(予定)

数名の作家さんとの手仕事展の予定です。



6月

「工の会展」

6月11日~13日

盛岡の公会堂で、陶磁器やガラス・ホームスパン・木工・漆等々、恒例の展示会です。
これも昨年は中止だったので、今年こそ開催したいです!



10月

銀座松屋で企画展?

一応予定では10月27日から、とお話を頂いてますがまだ未定です。
決まり次第ブログでお知らせいたします。



12月

福岡の悠遊さんで展示会

日時はまだ未定。

盛岡のお店のひめくりさんとの展示会。
ひめくりさんのお店に並んでいる岩手や東北にゆかりのある作り手の作品と、森のてつびん屋のコラボ展です^^



今年こそ鉄瓶デビュー!とお考えの方、お住まいの町に森のてつびん屋が来た際はぜひぜひお越し下さいませ!











DSCN7907.JPG

只今リスの摘みの原型を製作中。
前に作ったやつは、でっかすぎたので今回は少し小さく作ってます。ってかちょっと頭が大きくって子リスって感じですかね。
でもまあこれならいろんな鉄瓶に合うかな(大きさ的に、ですけど)。
実は嬉しいことにすでにご注文を頂いているんですね~、ご注文のお客様はもうしばらくお待ち下さいね!





さあ今年も一年、よい鉄瓶を作ってお客様にお届け出来るよう気合い入れていきますよぉぉ!!…いや、無理せずがんばります(^-^;)























赤レンガ館と雪の鉄瓶



こんにちは。

12月、今年もクリスマスがやってきますね^^

クリスマスといえば、今度の18日19日の2日間岩手銀行赤レンガ館で行われる、「XMAS MARKET in 赤レンガ館」というイベントにちょこっと出品します。



500f73bcf5cd66a4df82595e56448480.jpeg


6937cd9832fe2a89bd0b5eff904d6337.jpeg


いつもお世話になっている、ひめくりさんが出展するという事で、ひめくりさんの一員としてこのイベント用に作った鉄瓶と小物(ペーパーウェイト)を出品します。

他にホームスパン製品やワイングラス・カトラリー・リース・キャンドルなどクリスマスグッズ、アクセサリーなどのプレゼントにピッタリのものなどが並びます。
クリスマスプレゼントにお悩みの方、プレゼント選びにこの機会にぜひお越し下さい。

クリスマスプレゼントに鉄瓶…渋いですね^^







という事で、それっぽい鉄瓶を作ったので紹介します。

DSCN7727.JPG

布団型鉄瓶六花紋2・3L

見たまんまだけど、雪をイメージした鉄瓶です。





DSCN7734.JPG


シンプルにした六花紋、摘みは雪だるまです(帽子のつばが摘みやすいですよ)。


DSCN7737.JPG

結構大きいです。容量2,3L




もちろん今回のイベントにも出しますよ~。
その他、鉉脱着式鉄薬缶1,5→https://tetubinya.at.webry.info/202007/article_1.htmlや、ちび丸兄弟の草木染紐巻version等々6つの鉄瓶を、あと最近あんまり作ってないペーパーウェイト(リンゴ・クルミ・犬・ネコ・鳥など)も出品しますので、ぜひご覧ください。

館内は暖房がない?ようなので相当寒いと思いますので、暖かくしてお越し下さい。
あとマスクの着用は忘れずにお願いします。


 布団型鉄瓶六花紋 2・3L 75000円(税抜)

















炭焼き体験とわっか鉄瓶




こんにちは。

コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか?
森のてつびん屋は、なんとかかんとか頑張って鉄瓶を作り続けております。


さて、3年くらい前に炭窯作りのお手伝いをしに北上市の炭窯元楽炭さんに何日か通っていたことがありましたが、石窯が完成して火入れまでは見届けたんですけど肝心の炭出しを見る機会をなかなか作れずにいたんですね。
ですが先日ついにやっと炭出しのお手伝いが出来る機会ができ、久しぶりに楽炭さんのところへ行ってきました。






DSCN7798.JPG

熱ちぃぃい!
炭を日常使いしているてつびん屋としては炭の熱さには慣れてますが、さすがに炭の出産とも言える大量の炭出しの現場は凄い熱さでした!
炭も熱いけど、楽炭の千田さん(画像)も熱い男です^^











DSCN7797.JPG


火の神様が確実にそこに存在する…












DSCN7801.JPG



炭には白炭と黒炭があるのですが、この窯では白炭を焼いています。
白炭と黒炭の違いといえば、白は硬くて火が着きにくいけど火持ちがいい。
対して黒は、火持ちはちょっと劣るけど着火しやすく取り扱いしやすいんですね。BBQなんかで使う炭はだいたい黒炭です。

作る工程ももちろん違います。
焼く窯は白炭は石窯で、黒炭は土窯で焼きますし焼き方も違うんですけど(詳しくはわかりません…)何といっても焼けた炭の消し方に大きな違いがあるんですね~
画像は出したばかりの炭に素灰(砂灰)をかけたところですが、白炭の場合真っ赤に焼けた炭にすぐさま灰をかけて消火します。
逆に黒炭の場合焼けた炭は窯から出さないで、炭が中に入ったまま窯に蓋をしてゆっくり消火するんです。なので窯から炭を出す際すでに冷えているのでその点では楽ちんなんですね(楽ちんって事はないか…。狭い窯に入って顔を真っ黒にして作業してますからね。)
激熱の中を作業するという点では、白炭作りの方が厳しい作業なのかもしれません。この作業を70代80代の職人さんが現役でやってるんですよ~すごいですよね(もちろん60代以下の若い方も頑張ってます!)。

高齢化が進む中、70代80代の炭焼き職人さんが頑張って焼いて頂いてます。炭がなきゃ仕事が成り立たない鉄瓶屋としてはなんとか炭業界には炭焼きの後継者育成、技術継承に頑張ってほしいと切に願っております。

これからBBQをやる際は、生産者のためにもちょっと割高でも国産(できれば岩手県産^^)の木炭を積極的に使いましょう!













ちょっと鉄瓶の紹介。

当工房の人気?鉄瓶、「棗型鉄瓶わっか」ってありますね。
定番は茶色仕上げですが、お客様のご要望で黒色に仕上げることも出来ます。

DSCN7719.JPG

黒もまた渋いですね。
さらに今回藍染紐を巻いてくれとのオーダーでしたので、黒わっかと藍染の青が良くマッチしています^^

あれ?よく見ると摘みが違うぞ?わっか鉄瓶の定番はドングリだけど…これは鈴だな…!











DSCN7724.JPG

はい!わっか鉄瓶のスピンオフ?わっかネコ鉄瓶、いや、わっかクロネコ鉄瓶でした~。摘みの鈴もチリチリ鳴ります!

わっか鉄瓶は容量が1・2Lで小さめの鉄瓶ですが、4~5人でお茶っこを楽しむのであれば十分なサイズです。女性でも楽しめるように軽めに作っていますので、鉄瓶デビューにもお勧めですよ^^!








棗型鉄瓶わっか 1・2L 36000円(税抜)

棗型鉄瓶わっかネコ 藍染紐巻鉉1・2L 41500円(税抜)





掲載された鉄瓶については、
info@tetsubinya.com 森のてつびん屋・鉄瓶工房高橋まで、お気軽にお問い合わせ下さい。















南部鉄器展~鉄をつむぐ~



こんにちは。

お知らせが遅れちゃったけど、南部鉄器展が開催中です!



img219.jpg


img220.jpg




新作南部鉄器展~鉄をつむぐ~

2020年11月1日(日)~23日(月・祝)

盛岡歴史文化館 2階企画展示室

盛岡市内丸1-50

9時~18時(観覧無料)


10代の若手から鉄瓶界のビッグネームまで、南部鉄瓶の主に新作がたくさん並んでます。
こんなにも個性豊かな鉄瓶職人が盛岡にはいるんです!
実は出品していない職人さんもまだまだいるんです!すごいでしょ?














そして北杜工藝展も、絶賛開催中です!


DSCN7699.JPG



DSCN7700.JPG


DSCN7703.JPG



DSCN7705.JPG



11月8日(日)までです。

前回紹介した、ちび丸ネオ草木染巻鉉3つはお陰様で完売してしまいましたが、ご注文はお受けしております。
美味しいコーヒーもいただけますので、のんびり気分でお越し下さい^^

あ、あと今回会期中限定で「和菓子 甘果」さん特製の創作和菓子を予約販売しています。
保存料とか一切使っていない、やさしい甘みのお饅頭。自分も食べたけど嫌みのない甘さでゆっくりと口の中で味わいたい逸品です。この味、子供にはわかんねぇだろうなぁ…ぜひご賞味を!
詳しくは藍學舎HPで。











第18回 北杜工藝展




こんにちは。

だいぶ寒くなってきましたね。
今年は霜が降りるのが遅くて、結構最近までナスやらピーマンやら遅くまで野菜が採れて嬉しかったです^^
今は夏に蒔いた大根がわんさかとおがってます~うれぴ~(おがる…これは北東北の方言。成長するとか大きく育つとかの意味ですね)



DSCN7684.JPG


工房の裏から見える岩手山も少しずつ白くなってきました。
いよいよ冬がやってくるな~








さて一昨年にも出品させていただきました、北杜工藝展。
宮城県の藍學舎さんの秋恒例の展示会ですが、今年は1年ぶりに出品させていただく事になりましたのでお知らせします。


img217.jpg





第18回 北杜工藝展

2020年10月31日(土)~11月8日(日)

10時~17時(最終日16時)

工藝藍學舎


宮城県加美郡加美町字西町78

0229-63-7-4739

工藝とは何か? 藍學舎が本テーマと真摯に向き合いながら、年に一度開催している秋恒例の展覧会のご案内です。
本展は、東北を始め国内外で広く活躍されている各工藝分野から優れた作り手を集めた総合展として毎年沢山の皆様から高い評価をいただいております。
深まりゆく秋のひとときを美しい工藝の世界でお楽しみください。
(藍學舎HPより)




宮城県では数少ない?優れた手工芸作品が並ぶ、工芸ギャラリーの藍學舎さん。
この面々の中に入れてもらって大変恐縮なのですが、漆・ガラス・陶磁器・染織など素晴らしい作家さんの作品が見られますので(もちろん購入出来ます!)ぜひ秋のドライブがてら足をお運びください。

マスクは忘れずにお願いしますね~(´ロ`)








DSCN7692.JPG

ちび丸"ネオ"の草木染巻バージョン3種(左から柿渋・藍・胡桃)を作りました。
鉉(つる・取っ手)が熱くならないので使い勝手がよいですよ^^
お好きな色を選んでくださいね~(各1個だけなのでお早めに~)



ちび丸ネオ 0・7ℓ 草木染巻鉉 キノコ摘み 34500円(税抜)













イワテバコ



こんにちは。

9月の2つの展示会も無事終了し、お陰様で沢山の鉄瓶達が嫁いでいきました、嬉し~^^
ご購入頂きましたお客様、ありがとうございました!
今回購入のお客様初めて鉄瓶を使われる方が多いと思いますが、何かと不安もあると思います。何かご質問、または不具合等ありましたら、何でもお気軽にご連絡下さいね。



DSCN7665.JPG

東京のさんです(画像は展示会を開催していた時のものです)
普段はお店になかなか納品できていないのですが、展示会直後の今ならお店に鉄瓶がまだありますのでよかったら宙さんのオンラインショップを覗いてみて下さいね。在庫があれば即購入可能ですのでお早めに!!(と、煽る)










ちょっとお知らせ。



イワテバコ受注会.jpg

お世話になっている、盛岡の(お洒落な)家具屋さんのHolzさんがイワテバコの受注会を開くというのでお知らせします。
イワテバコといえば、Holzさんがプロデュースしたオール岩手のかっちょええ家具です。
自分も引き出しの摘み(小っちゃ…)を作ってますので、ぜひ興味のある方は足をお運びください^^



------------------------------------------------------------------------------------------
『iwatebaco / イワテバコ』は盛岡市菜園に店舗を構える Holz /ホルツ が、
デザイン企画をして制作しているオリジナルの箱物家具です。
県内を中心に複数の職人に協力を頂き、それぞれの技術や素材を一つのモノに
取り込むことで、他ではない、岩手らしい、そしてホルツらしい家具となりました。
今回はそんなイワテバコをさらに、自分仕様にカスタムできる受注会を開催致します。
会期中は職人も会場内におりますので、細かい仕様の確認もとりながら打ち合わせが可能です。
なかなかない貴重な機会となりますので、この機会に是非ご覧頂けら嬉しいです。


⚫️日時
2020年10月09日(金) - 10月11日(日)
11:00 - 17:00 (最終日は16:30まで)
※職人の在廊スケジュールは後日お知らせします。

⚫️場所
旧石井県令邸
020-0875 岩手県盛岡市清水町7-51

⚫️問い合わせ
Holz / ホルツ
mail : holz@m8.dion.ne.jp

⚫️会期当日問い合わせ
090-4929-1510(Holz / 平山)
090-7322-6197(旧石井県令邸)

-----------------------------------------------------------------------------------------




以上、イワテバコのお知らせでした。










DSCN7278.JPG

お隣のヤギさん(名前・マリー)です。
飼い主さんが朝夕と2頭のヤギさんと片足のわんこと散歩してるんですが、牧歌的というんですかね、ホント心が安らぐ風景なのです。
ヤギいいわ~^^飼いて~