鉉脱着式鉄薬缶2020




こんにちは。

事情があって、いや大抵たいした事情ではないけどなんとなく生産を休止している鉄瓶って結構あります。お蔵入りってやつ。
昔作ってた鉉脱着式鉄薬缶ってのもその一つ。

埃をかぶって放り投げていたものを久々に見つけたので、改めてよーく見てみるとこのままお蔵入りするにはちょっと惜しいかな…あれ、やっぱこれいいんじゃね?と思いだし、ちょっと意匠を変えて作り直してみました。
いわゆるマイナーチェンジってやつですかね^^




この鉄瓶、1Lタイプと1,5Lタイプの2種類を当時作ってまして、1Lの方はそこそこ売れたんですね。
ただ1,5Lの方は、何が悪かったかさっぱりで(たぶん1個も売れなかったと思う)そのまま日の目を見ることなくお蔵入り…
その後1Lタイプの方もなんとなく作ることもなくなってそのまま忘れ去られていきましたとさ。





復活!

new!鉉脱着式鉄薬缶 1,5L

DSCN7387.JPG

1Lタイプはこちらで見られます→https://tetubinya.at.webry.info/201103/article_2.html





DSCN7392.JPG

どこを変えたかというと以前のやつは注ぎ口が太っとくてお湯の出が良いっていやあ良かったのですがなんかデザイン的になんか違うな~と思ったので、注ぎ口を尖端に向かってシャープに作り直しました。変えたことにより更に湯の切れが断然良くなりましたよ~。
あと摘みは蓋をより持ちやすくなるように、そしてこの鉄瓶にマッチするように(したかな?)作り替えました。




DSCN7398.JPG



DSCN7412.JPG

作り直す前の画像がないので比べられないけど、けっこうイケメンに生まれ変わったんじゃないかな?






DSCN7401.JPG

そしてこの鉄瓶の最大の特徴、鉉が外れます!

…外れるから…なに…???、うう…

仕舞う時コンパクトに収納、とかキャンプに持って行く時コンパクトに収納して…
収納収納って、実際は収納する時に外すかぁ!?外さないよなぁ~。

正直外れることにあまり意味はありません!(言っちゃった)
でもなんかガチャガチャしてカッコイイんです。外れるって事が!







DSCN7406.JPG

鉉の後ろを親指で押せば、女性でも簡単に外せます^^













DSCN7510.JPG

キャンプギアとしてアウトドアシーンでも、違和感なく使用できますね。



もちろんお家でゆったりお茶っこタイム、普段使いにもどうぞ☕





鉉脱着式鉄薬缶 1,5L 65000円(税抜)












鉄瓶に超硬水で湯垢を付ける!




こんにちは。

ミネラルウオーターで湯垢を付ける~の続きです。
前回はエビアンを数回沸かしたら、さすが硬水すぐに湯垢が薄っすらと付きました~とまでお伝えしましたが、もっと手っ取り早くがっつり湯垢を付けたい!という事でエビアンから硬度1468㎎/Lの超硬水「コントレックス(エビアンの約5倍の硬度)」にバトンタッチ!

あれから半月、毎日2回ほどコントレックスを投入してグツグツ沸かしました。


ちなみにこのコントレックス、飲んだことがある方はご存知だと思いますがもの凄くクセが強くて飲みづらいんですよね。ってか正直に言えばホント不味いです!
いや、好きな方もいるのでしょうが軟水に慣れている日本人にはちょっとハードル高ぇ~って感じです。
たかが水といえど、軟水と硬水でここまで味の違いがあるとはびっくりでしたよ、ホント。
やっぱり日本人には、軟水が合っているんだと、改めて思いました。コントレックス飲んだ後の雫石町の水道水マジ美味いです^^






さてさて、コントレックス投入です~

DSCN7349.JPG

美容やダイエットに効果的、との事ですが慣れない方は下痢するそうなのでご注意を。
あと「加熱してのご使用には適しません(料理・コーヒー・お茶類など)」、と説明書きにも記してある通りコントレックスを沸かしたお湯はホントッ不味い!自分はオエッっとなり飲み込めませんでした…
鉄瓶で沸かせば美味しくなる、とか言うレベルではない様です…

ちなみにエビアンは鉄瓶で沸かすとすごく美味しくなりました(あくまで個人の意見です^^でも明らかに違いが分かりますっけよ)





1時間ほど沸かしてこんな感じ。
あきらかに白さが増している!

DSCN7351.JPG

1回でこんなだから、こりゃあっという間に湯垢が付きそうだ。








5回ほど沸かしてこんな感じ。

DSCN7355.JPG

いい感じで白さアップ!





そして10回、20回と沸かし続けました

ちなみに沸かしたお湯を捨てるのは、もったいないしお金もかかるので沸かしたお湯はポットに空け次の日にまたポットから鉄瓶に入れて、沸騰して減った分をペットボトルから継ぎ足すというのを繰り返しました。
煮詰まってくると沸騰している泡も白いですっけ。












そして約25回ほど沸かし…

DSCN7363.JPG

ひゃ~!まるで雪が積もったように真っ白な湯垢が~!!
(画像ではわかりづらいですが、ミネラル分が結晶化してキラキラしてます)
25回全て注ぎ口あたりまで入れて沸かしたので、湯垢が付いている境がくっきりと出ました。


DSCN7313.JPG

使う前の新品状態がこんな感じなので、その違いが歴然です(;゚Д゚)









DSCN7366.JPG

蓋の周りまで湯垢が付いちゃいました。
使い始めて僅か半月の鉄瓶なのに長年使っている様な貫禄がつきましたね^^




と、いう事で今回の結論といたしましては、硬度の高いミネラルウオーターで沸かせば簡単に湯垢を付けることが出来る!です。(いや20回以上も沸かして簡単にといえるかどうかは何とも言えませんが…)
超硬水のコントレックスなら20回ほど沸かせば真っ白くなるという事がわかりました(巷にはコントレックス以上の硬度のヤツもあるらしいので、そっちなら更に早く付くことでしょう)
湯垢を付けて、錆びに強い鉄瓶に育てたい!という方は良かったらお試し下さい。

…とはいうものの、今回のは強制的に付けた湯垢ですよね、こんな付け焼刃的?な方法ではたして錆びに強くなったのかな…うーんどうなんだろ?正直わかりません。
わからないので、この先使い続けてどのように変化していくのか、錆びに強くなったのか?お湯は美味しくなったのか?使いながら見守っていきたいと思います。
数か月使ってみてどんな感じになったか、改めてまた報告しますね~



あ、ちなみに今回の実験ではエビアン1,5Lを2本
コントレックス1,5Lを4本使いました。
小さめの鉄瓶なら、もうちょっと少ない水の量で大丈夫だと思います。

1回に沸かした時間は、平均30分くらいグツグツ弱火で沸かしました。

参考までに。





それでは今回はこの辺で~^^








追記
湯垢で真っ白になった鉄瓶ですが、しばらく数回はコントレックスのミネラル分が溶けだすのか、お湯が美味しくないです…
ミネラルなので身体にはよいと思いますが、お湯が美味しくなるのには数回沸かさないとダメみたい。
キラキラ感が消えてくれば味も落ち着いてくるようです。











湯垢はミネラルウオーターで早く付くのかな?



こんにちは。

鉄瓶を長持ちさせてお湯を美味しく楽しむには湯垢がとても重要です、と言われます。
よくお客さんから「何年も使っているけど湯垢が全然付かないんです~」、って質問を受けることがありますが湯垢はその地域の水質によって付いたり付かなかったりなんですよね。

一般的に日本の水はミネラル分が少ない軟水なので湯垢が付きづらい水質です。
でも昔から何十年(百年以上)使われている鉄瓶って、見た目がちょっと引くぐらい(ウェ~ってくらい)湯垢が付いてますよね。
今とは生活様式が違うので、昔は囲炉裏や火鉢等に一日中ずーと火にかけていたから(しかも井戸水で)、あんなにビーッチリついていたと思われますが、今の生活で(水道水で)一日1~2回湯を沸かす程度ではなかなかあそこまで湯垢を付けるのははちょっと難しいんじゃないかな。
ただ今でも普通に井戸水を使っている家庭の鉄瓶は、結構しっかり湯垢が付いている様ですけどね。

でもまあ自分も20年以上鉄瓶を使ってるけど、湯垢が付かなくても別に問題ないでしょ、って思ってます。
湯垢が付かないから錆びるんじゃないかと心配している方、大丈夫です。
1年も使い込んで小慣れてくれば湯垢が付いてなくても錆びませんし、もちろんお湯も美味しいですのであまり湯垢にこだわらなくて全然大丈夫ですよ。
(錆びません、といいましたが濡れたまま放置すればやっぱ錆びますのでご注意を)




さて、湯垢は付いてなくても気にしなくて大丈夫だよ~、と前置きしておきながらなんなんですが今回の記事は「エビアンで湯垢を強制的に付ける!」です^^
大丈夫だよ~、といいつつもやっぱ湯垢が付いていた方が、使いこんでる感が出るし錆に対して武装してる感じで安心感があるからね。絶対湯垢を付けたい!という方は試してみて下さい。

そこで今回は水道水では中々付かない湯垢を、硬度304㎎/Lのエビアンでどんだけ付くのかちょっと実験してみました。
(ちなみに日本の一般的な水道水は硬度100㎎/L以下の軟水です)

初めに書きましたが、湯垢は無理に付けなくて大丈夫ですのであくまでご参考に^^


硬水でどんだけ湯垢が付くのかな?








DSCN7318.JPG

新品じゃなきゃ意味ないので、今回はこの風車紋様2,3Lうちの鉄瓶としては割と大きめの鉄瓶をおろす事にしました(試作で作ったものなので別にいーの)。
右隣はうちで使っている10年ものの黒丸くん1,5Lです。







DSCN7312.JPG

新品の内側はこんな感じです。
全体が青っぽい酸化被膜で覆われています(黒っぽい部分は漆でちょこっと補修した所)

新品の鉄瓶は、制作途中で付いてしまうホコリや煤、着色の時の漆を刷くクゴ刷毛のカス等が内側にくっついていることがありますので、使い始めは2~3回は沸かして捨ててを繰り返して下さいね。ゴミが取り除かれ、漆臭さも消えますので。




DSCN7323.JPG

1回沸かしたお湯は、やはり黒いホコリ等が混じってますね。
あ、でもこれ万が一飲んでも問題ないですので。なんかケミカルちっくな怪しいものは使ってないので、ご安心を^^






DSCN7330.JPG

3回沸かして、いよいよガソリンより高い超高級ミネラルウオーター様をご投入!

ちなみに3回水道水で沸かしたくらいでは、内側に何の変化もありません。
あ、ちょっとだけ薄ーく赤っぽくなりますが、そういうものですので「錆が出たー!!」と焦らないでくださいね。










DSCN7331.JPG

弱火でグツグツ沸騰させ1時間後、お湯を空けなかを見てみると…
お~、白くなってます!これが湯垢か~(おいおいっ)



DSCN7334.JPG


1時間沸騰、2回目~
ふむふむ、少し白さが増してるかな?






3回目も1時間沸かして捨てて(いや捨てて無いですけどね、ミネラルたっぷりの美味しいお湯なので^^もったいない)

DSCN7345.JPG

更に4回目、またまた1時間強沸かしてこんな感じです。
1回目よりはかなり白くなったんじゃないですか?






DSCN7347.JPG

ちなみに10年選手の黒丸くんの内側はこんな感じです(手前味噌だけど綺麗に使ってますね(*´з`)~♪)。
一部白くなっているけど、10年ほぼ毎日使っても湯垢らしい湯垢は付いてませんね。
なのに、エビアンで4時間沸かしたらあっという間に白くなっちゃった。
やっぱ水質で全然違うんだね~




ちなみにこの黒丸くん湯垢は付いてないけど、もう1日くらい濡れたままほったらかしてももう錆は出ません。
使い込むと違うのよ、やっぱり。
でも使い終わったら必ず乾かしてます。もう習慣化してるからね。





4回、計4時間以上グツグツやった結果、結構湯垢が付きました。
でも思ってたよりも白くなんなかったかな~
たぶんもうちょっと根気よく頑張れば、相当真っ白になると思うけど…

ただもう気長にやるのも面倒くさい大変なので、ここは更に硬度の高いヤツで沸かせばもっと早く湯垢が付くんじゃないかと思い、この方にお願いしました~!





DSCN7348.JPG

ばばん!「コントレックス」硬度1468㎎/L!超硬水!

エビアン硬度304㎎/Lに対して約5倍の硬度!
日本の軟水がだいたい30㎎/L位だから約50倍の硬度!!マジか…腹壊しそ…
ここまでの超硬水が普通にスーパーで売ってるんですね、知らなかった。

これで沸かしたら一気に真っ白になるのでは!?

という事で、コントレックスで沸かしたらどんだけ湯垢が付いたか、は次回更新でお知らせします~

ではでは^^























2020工の会展は中止です



こんにちは。

鹿児島の壺中樂さんでの展示会も24日に無事終了しました。
コロナの状況下、お客さんが来てくれるのか心配していましたが、たくさん来ていただいたということで本当にありがとうございます!
もし開催が6月だったら鹿児島まで行けたかもしれないと思うと、今回は本当にタイミングが悪かったです…

鉄瓶も何点か旅立って行きました^^
鹿児島の地で我が子達が活躍してくれると思うと嬉しいです!
ぜひ地元鹿児島の焼酎でお湯割りなんかもお楽しみくださいね~。
鉄瓶のお湯で割った本格焼酎はマジ旨しです。


24日終了後すぐに鉄瓶達は岩手に帰って来る予定でしたが、オーナーさんのご厚意により6月14日まで何点かそのまま展示されることになりました。今回見逃した~という方、ぜひどーぞ。









本当は壺中楽さんが終わって、戻って来た鉄瓶達を6月恒例の工の会展に出品する予定でしたが…
今年の工の会展はコロナっちのおかげで中止となりました、はぁ~。

今年は、工の会30周年記念という事でみなさん気合いが入っていたのに、本当に残念。

毎年楽しみに待っていてくれたお客様、どうぞ来年に期待してお待ち下さいね。















DSCN7150.JPG

今年もちゅん助のこっこ達が順調に巣立っていってます。






DSCN7154.JPG

くれぐれもモズの襲撃には気を付けろよ~(;゚Д゚)キョロキョロ

















鹿児島で南部鉄瓶



こんにちは。

コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか?
3か月前は、GW頃には終息して普通の暮らしに戻っていると呑気に思っていましたが、終息どころかまさかこんなひどい状況になってしまうとは…
早く終息するのを祈るばかりです。







さて、こんな中ですが九州は鹿児島で展示会が始まります!14日からね。





img205.jpg


img204.jpg






「日本の手仕事 -東北」

5月14日(木)~24日(日)

壺中樂

鹿児島県鹿児島市吉野町2433-17
TEL099-243-2555

11時~18時(期間中無休)

出品者

佐々木暢子 (浄法寺漆器)
柴田慶信商店(大舘曲げわっぱ)
髙橋大益  (南部鉄瓶)




昨年から楽しみにしていた、初の鹿児島での展示会。
早くから飛行機のチケットもホテルも予約したし、夜は本場の焼酎でカンパーイ!と、佐々木暢子さんとも話してウキウキワクワクしてましたが…
すべて水泡と消えました…涙
この状況で行けるわけないし、ってか行こうにも乗る予定の便は欠航したし…


残念ながら作り手は行くことが叶いませんでしたが、展示会は予定通り開催されますのでこの機会にぜひ南部鉄瓶をお手に取ってご覧ください。
浄法寺塗りの漆器や、曲げわっぱも鹿児島ではなかなか見ることはないと思いますので(デパートとかには置いてるのかな?わからんけど)ぜひぜひ東北の伝統工芸品をこの機会にどうぞ。

浄法寺漆といえば、いまや国の重要文化財(日光東照宮や京都の金閣等)の修繕に使われる貴重な漆ですよね。
その浄法寺塗りの塗師・佐々木暢子さんの制作した作品。独特の光沢があって佐々木さんらしい優しい雰囲気が感じられる漆の器たち、ぜひ食卓へ一つどうですか。
うちでも佐々木さんのお椀を使ってますが、5年たっても今でも艶々、普通の味噌汁が5倍増しです、いやマジで^^。いい食器を使うと心が豊かな気分になりますよね。


柴田慶信商店は、知ってる人は知っている曲げわっぱ界の超メジャー。選んで間違いなし、です。
以前勤めていて弁当を持って歩いた時代は、自分も曲げわっぱの弁当箱を使ってました。お昼の時間が待ち遠しかったな~。
みなさんも秋田杉の香り漂うわっぱ弁当、おすすめです!




DSCN7299.JPG

うちのお椀(まり椀)と、曲げわっぱ弁当箱と鉄瓶わっかです。
(曲げわっぱは20年前に買ったもので柴田さんのものではないと思います。画像はあくまでイメージです^^)

※棗型鉄瓶わっか 1,2L 36000円(税抜)




さ、もう5月、やべーまだ出来てない、時間がないぞ、GW中も休まず作らねば…!

鹿児島の皆様、お楽しみに!(楽しむって、このご時世不謹慎なのかな…)













DSCN7123.JPG

久々にキツネのゴン吉が姿を見せました。
裏のまだ何も植えて無い畑を何やら掘ったぐっていました。
掘ってもなにもないよ^^









10周年でがんす!



こんにちは。

2020年の4月で、ついに森のてつびん屋も10周年を迎えました!

思えば鉄器業界が不況にあえいでいた2010年、先行きが全く見えない状況で半ばヤケクソ気味(いろいろありまして…)に独立したんだよね。
さあ頑張るぞ~!と思っていた矢先の2011年の震災、その後にやってきた中国の鉄瓶ブーム、特需ともいえる状況にも助けられ何とか10年、よくやってきたよね、他人事みたいだけど、はは。
今、鉄瓶作って飯が食えている事10年前なら考えられなかったな~。


今こうやっていられるのも当工房の鉄瓶を取り扱って頂いているお店、ご購入して使って頂いているお客様、いろいろと困った時に助けてくれる業界の先輩方(時には後輩のみんなも)、そして内助の功で支えてくれたうちの妻、その他にもいろんな方々にお世話になって10年頑張れました。
本当に本当に感謝でいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました!!



これからの時代、南部鉄器のありかたはどうあるべきなのか、はたまた伝統工芸の進むべき道とは…うう…などとこんなことを考えられる人間ではないので、これからも昨日より今日、今日より明日少しだけよい鉄瓶を作れるよう一日一日を積み重ねていこうと思います^^






DSCN7204.JPG

今日もいい天気!

人生は上々さ!!












さあこれから11年目、頑張るぞー!と気合いを入れてみても、新型コロナウィルスの世界的大流行の影響で気合いも空回りの状態です。
4月5日の段階で岩手では奇跡的に感染者が出ていませんが、この状況だと時間の問題だろうな~。




DSCN7254.JPG





今のところこの流行が過ぎ去ってくれるのを待つしかない状況です。
せめて鉄瓶で淹れたコーヒーでも飲んで、心安らかに過ごしましょうね(´ρ`)



※鉄瓶「カエルのかーちゃん」1,0L 42000円(税抜)




















文鳥摘みの鉄瓶




こんにちは。

2か月ぶりの更新か…
この2か月で社会情勢がガラッと変わってしまいましたねぇ。
9年前の同じ3月の震災の時と同じような雰囲気が感じられて、なんか気が滅入ります…

毎年春に開催していた恒例の「雫石工房まつり」、3月14日からの予定でしたが憎きコロナウィルス蔓延予防のため延期(中止?)となりました。
工房まつり開催10周年記念として、今回鉄瓶を買って頂いたお客様にいろいろサービスを準備していましたが…残念です。
今後はわかりませんが、コロナが落ち着いて再び開催が決まりましたらお知らせいたします。






さて一昨年かな?文鳥の摘みの鉄瓶を作ったとお知らせしましたが、それを見た文鳥大好きのお客様から昨年ご注文を頂きまして、今回やっと完成して先日納品できました。
以前作った文鳥摘みが、イマイチなんか気に入らなかったので改めて作り直したのでちょっと時間がかかりましたが、お客様も喜んでくれてホッとしているところです^^






DSCN7126.JPG

本体は「肩丸鉄瓶」でもともとはフグの摘みが乗ってます。
文鳥でもばっちりフィットしてますね。





DSCN7135.JPG


こちらは「鈴型鉄瓶」に文鳥(お餅)バージョンです。
本来は鈴の摘みが付いてます。



DSCN7144.JPG


文鳥好きならわかると思いますが、文鳥はリラックスしてゆったりしている時にこんな感じでボテ~っと休んでいます。
この鉄瓶もどっちかっていうとボテッとした安定感のある鉄瓶なので、お餅文鳥の摘みが合っていて思わずニヤっとなっちゃいますね~(´∀`*)


他の鉄瓶にも取り付け可能ですので、お気軽にお問い合わせください。


肩丸鉄瓶「文鳥」 1,0L  32000円(税別)
鈴型鉄瓶文鳥摘み 1,0L  34000円(税別)











s-はるちゃん.jpg


うちでは前から白文鳥の文太(メス3歳)を飼っていましたが、1月に新たにもう一羽家族として迎えました。
桜文鳥のはるちゃん(メス)です^^。

この子みたいな模様がまだらな文鳥を、駄文鳥と呼ぶんだって、ひどいよね。

でも、めぐさい(見た目が良くない)ほど親にとっては余計に可愛く感じられるもんで、岩手ではそういう子を「めぐさめんこ(ブサイクだけどカワイイ子)」といって可愛いがるんです。
(めぐさめんこ、と言われた女の子は全然嬉しくないので決して本人の前では言わないでね)



あ~コロナウィルスよ~、さっさと収束してくれ~

それでは~