草木染巻鉉鉄瓶



こんにちは。

以前、鉉(つる・取っ手)に紐を巻いてカスタムした鉄瓶を紹介したことがありましたが、藍染とクルミ染の2種類から今回新たな草木染バージョンを作ってみました。




DSCN7555.JPG

第3弾は、柿渋染紐です!

今回は仙台に染織工房を構える色葉工房の庄子葉子さんにお願いして染めていただきました^^(その節はありがとうございました!)
依頼したのは昨年の秋なのですが、柿渋は天日で干すと色が濃くなっていくという事で、今年の夏まで待ってギラギラの太陽の下で干したことにより凄くいい色に染め上がりました~。
時間をかけた分、大変だったと思いますがいい仕事をしていただきました^^!
(柿渋染紐の裏メニューとして、鉄媒染バージョンもあるのですがこれはまたいつかご紹介できればと…)






DSCN7548.JPG

ちび丸3兄弟も、お洒落さんになりました。
(左から、藍・クルミ・柿渋)







DSCN7559.JPG

まるっこ兄さんも、いい男っぷりですね!
(左から、柿渋・クルミ・藍)



画像上   鉄瓶ちび丸 0,7L 藍・クルミ・柿渋紐巻鉉 各32500円(税抜)

画像下   まるっこ鉄瓶 1,2L 藍・クルミ・柿渋紐巻鉉 各35500円(税抜)







さてさて、いよいよ今日9月11日から、石川のギャラリー萩さんで、

そして明日12日からは、東京の宙さんで展示会が始まります!


意図せず、日程がかぶってしまったので点数を揃えるのが大変でしたが、何とか間に合いました~^^
まさかの9月の激烈残暑、外気温35℃のなか炭火の前で一心不乱に鉄瓶に漆をジュージュー焼き付け仕上げましたよぉ!熱かろうが気は抜けないからね、終わった後は炭と同じく真っ白な灰になりました…
梱包まで全て終わったのが、最終便のトラックが出る30分前…ホントよくやったよ~俺(´ρ`)クタ~褒めてしんぜよう。




img206.jpg
「東北の作家たち」展Ⅹ

2020年9月11日(金)~17日(木)

ギャラリー萩

石川県加賀市大聖寺下屋敷町ホー8
TEL 0761-73-2714

10時~17時 会期中無休










img208.jpg
上田裕之・髙橋大益・タナカマナブ 三人展



東京都目黒区碑文谷5-5-6
TEL03-3791-4334

2020年9月12日(土)~21日(月・祝)

11時~17時  15日(火)・16日(水)は休み



今年の冬は特別な冬になりそうです。
鉄瓶でおいしい温かいホットな冬を過ごしましょ⛄
(どっかのキャッチコピーみたいだな…)






掲載された鉄瓶については、
info@tetsubinya.com 森のてつびん屋・鉄瓶工房高橋まで、お気軽にお問い合わせ下さい。















もう、9月ですね



こんにちは。

いよいよ9月の展示会が始まります!




img208.jpg
img209.jpg

上田裕之・髙橋大益・タナカマナブ 三人展



東京都目黒区碑文谷5-5-6
TEL03-3791-4334

2020年9月12日(土)~21日(月・祝)

11時~17時  15日(火)・16日(水)は休み


密を避けるために、初日12日の早めにご来店をご希望される方は
9月4日までにコチラからお申し込みください。詳しくは宙さんHPをご覧ください。

尚、一度に入店できる人数は6名までに制限させていただいております。


3年ぶりの、上田さんとタナカさんとの3人展。
今年はこういう状況なので、お二人にも会えないのか…せっかくの3年ぶりの機会なのになぁ…

お二人の作品も、作品というか道具ですね。
見れば絶対欲しくなる、使いたくなる、キッチンに置きたくなる素敵な道具ですので、ぜひぜひ見に来て下さい!







そんでうちの鉄瓶ですが、小さいものから(1L以下サイズ)、大きな(2Lサイズ)のものまでたくさん出品する予定です。
ご家族構成、ライフスタイルに合わせて選んでいただければと思います。





DSCN7424.JPG

今年作った、大っきい鉄瓶。
大きいといっても、容量2,3L。

うちで作っている鉄瓶は1,5Lサイズ以下のが殆どだったけど、2L以上の鉄瓶があればいいなぁ、というお客様のご要望にお答えして作ってみました。
大きいけど重量は約1,9㎏なので、このサイズにしては使いやすい重さだと思います。
うちのかみさんも、普通にコーヒーをドリップくるくるしていますっけ。
(怪力ではありません、ごく普通の妻です^^)

これ以外にも、大きいサイズを何種類か作りましたので、ぜひお店でご覧ください!
(画像があればよかったけど、じつはまだ出来てないのよ…間に合えばいいが💧)




布団型鉄瓶無地 2,3L 58000円(税抜)










そして石川県でも!


img206.jpg
img207.jpg

「東北の作家たち」展Ⅹ

2020年9月11日(金)~17日(木)

ギャラリー萩

石川県加賀市大聖寺下屋敷町ホー8
TEL 0761-73-2714

10時~17時 会期中無休

出展作家
亀山英児(陶芸)  ジェームス・オペ(陶芸) 
本間文江(手あぶり猫)  庄司人志(陶芸)
村山耕二(ガラス)  髙橋大益(南部鉄瓶)


ギャラリー萩さんでの会期終了後は、下記会場で引き続き展示販売致します。

10月2日~28日
山代温泉 九谷焼体験工房COCO

11月1日~23日
柴山町 ホテルアローレ ロビー


こちらは鉄瓶の数は少なめだけど、他の作家さんの魅力的な作品が
たくさん並びますよ~。

残暑にも負けず、腰の痛みにも負けず、頑張って作ってまーす!
コロナで大変だけど、お近くの方ぜひお越し下さい!!










9月の予定



こんにちは。

コロナ禍で大変な状況が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?
ステイホームで家にいる時間も多いと思いますが、そんな時こそ鉄瓶で淹れた美味しいお茶やコーヒーでホッと一息安らぎのひと時を過ごして頂ければ嬉しいです^^

DSCN7536.JPG

鉄薬缶「ぽっとっと」
注ぎ口が上についているので、沸かした時お湯が注ぎ口から噴き出ません。
(いや水をたっぷり入れれば、さすがに噴き出すのでご注意下さい。マジキケン)

0,8Lサイズと、1,3Lサイズの2種類あります。画像は1,3Lです。


鉄薬缶ぽっとっと 
0,8L 30000円
1,3L 33000円(どちらも税抜価格)







ちなみに自分は独立して以来、1年365日中355日は家(工房)にいる生活なので、10年前からステイホーム生活でございます。
おかげで人としゃべることがないので、口が退化してしまいました…やっぱしゃべってないと喉の機能や滑舌が悪くなります…ホントやばい…







さて、まだまだ暑い日が続いてますが、もう立秋を過ぎ季節はもう秋なんですよね~
この暑さから秋なんて思えないけど、確かに周りを見渡せばカエルの合唱はいつの間にか消え、変わって秋の虫たちがチリチリと鳴き、ススキが静かに穂を出しています。秋だ、間違いなく…

冬の準備といったらさすがに早いけど、今年の冬は鉄瓶で美味しいお茶を~なんて考えている方!9月に展示会を予定していますので、お知らせいたします。





9月12日(土)から21日(月)まで、東京のさんで、
上田裕之さん(包丁とフライパン)と、タナカマナブさん(陶器)との三人展です。
この二人とは3年前も一緒にやりましたので、来ていただいた方もいると思いますが久々の三人展、自分も楽しみです!

このコロナ禍でお店に行けるかちょっと微妙ですが、開催日まで少しでも落ち着いていたら東京まで行きたいと思っていまいます。
たくさん鉄瓶を作って準備していますので、鉄瓶をお考えの方ぜひこの機会に足をお運びください。







あと、昨年もお世話になりました石川のギャラリー萩さんの「東北の作家たち展Ⅹ」にも今年も出品します。
9月11日(金)から17日(木)まで。
こちらは点数がちょっと少なめですが、選りすぐりの鉄瓶を出品しますのでぜひお越し下さい!



数年前から決まっていた展示会、思いっきり日程ががかぶってしまって焦りましたがなんとか頑張って製作してます。
新作もいくつか作りましたので、見に来て下さいね~









DSCN7171.JPG

ちゅん助達の子育ても、そろそろ終わりかな?
今年は同じ鳥小屋で5回くらい(20羽以上!?)子っこ達が巣立ったんじゃないかな~
よくがんばった!えらい!
スズメが減少していると言われている現在(スズメ界も少子化の流れか…)ホント頑張りました◎!
















鉉脱着式鉄薬缶2020




こんにちは。

事情があって、いや大抵たいした事情ではないけどなんとなく生産を休止している鉄瓶って結構あります。お蔵入りってやつ。
昔作ってた鉉脱着式鉄薬缶ってのもその一つ。

埃をかぶって放り投げていたものを久々に見つけたので、改めてよーく見てみるとこのままお蔵入りするにはちょっと惜しいかな…あれ、やっぱこれいいんじゃね?と思いだし、ちょっと意匠を変えて作り直してみました。
いわゆるマイナーチェンジってやつですかね^^




この鉄瓶、1Lタイプと1,5Lタイプの2種類を当時作ってまして、1Lの方はそこそこ売れたんですね。
ただ1,5Lの方は、何が悪かったかさっぱりで(たぶん1個も売れなかったと思う)そのまま日の目を見ることなくお蔵入り…
その後1Lタイプの方もなんとなく作ることもなくなってそのまま忘れ去られていきましたとさ。





復活!

new!鉉脱着式鉄薬缶 1,5L

DSCN7387.JPG

1Lタイプはこちらで見られます→https://tetubinya.at.webry.info/201103/article_2.html





DSCN7392.JPG

どこを変えたかというと以前のやつは注ぎ口が太っとくてお湯の出が良いっていやあ良かったのですがなんかデザイン的になんか違うな~と思ったので、注ぎ口を尖端に向かってシャープに作り直しました。変えたことにより更に湯の切れが断然良くなりましたよ~。
あと摘みは蓋をより持ちやすくなるように、そしてこの鉄瓶にマッチするように(したかな?)作り替えました。




DSCN7398.JPG



DSCN7412.JPG

作り直す前の画像がないので比べられないけど、けっこうイケメンに生まれ変わったんじゃないかな?






DSCN7401.JPG

そしてこの鉄瓶の最大の特徴、鉉が外れます!

…外れるから…なに…???、うう…

仕舞う時コンパクトに収納、とかキャンプに持って行く時コンパクトに収納して…
収納収納って、実際は収納する時に外すかぁ!?外さないよなぁ~。

正直外れることにあまり意味はありません!(言っちゃった)
でもなんかガチャガチャしてカッコイイんです。外れるって事が!







DSCN7406.JPG

鉉の後ろを親指で押せば、女性でも簡単に外せます^^













DSCN7510.JPG

キャンプギアとしてアウトドアシーンでも、違和感なく使用できますね。



もちろんお家でゆったりお茶っこタイム、普段使いにもどうぞ☕





鉉脱着式鉄薬缶 1,5L 65000円(税抜)












鉄瓶に超硬水で湯垢を付ける!




こんにちは。

ミネラルウオーターで湯垢を付ける~の続きです。
前回はエビアンを数回沸かしたら、さすが硬水すぐに湯垢が薄っすらと付きました~とまでお伝えしましたが、もっと手っ取り早くがっつり湯垢を付けたい!という事でエビアンから硬度1468㎎/Lの超硬水「コントレックス(エビアンの約5倍の硬度)」にバトンタッチ!

あれから半月、毎日2回ほどコントレックスを投入してグツグツ沸かしました。


ちなみにこのコントレックス、飲んだことがある方はご存知だと思いますがもの凄くクセが強くて飲みづらいんですよね。ってか正直に言えばホント不味いです!
いや、好きな方もいるのでしょうが軟水に慣れている日本人にはちょっとハードル高ぇ~って感じです。
たかが水といえど、軟水と硬水でここまで味の違いがあるとはびっくりでしたよ、ホント。
やっぱり日本人には、軟水が合っているんだと、改めて思いました。コントレックス飲んだ後の雫石町の水道水マジ美味いです^^






さてさて、コントレックス投入です~

DSCN7349.JPG

美容やダイエットに効果的、との事ですが慣れない方は下痢するそうなのでご注意を。
あと「加熱してのご使用には適しません(料理・コーヒー・お茶類など)」、と説明書きにも記してある通りコントレックスを沸かしたお湯はホントッ不味い!自分はオエッっとなり飲み込めませんでした…
鉄瓶で沸かせば美味しくなる、とか言うレベルではない様です…

ちなみにエビアンは鉄瓶で沸かすとすごく美味しくなりました(あくまで個人の意見です^^でも明らかに違いが分かりますっけよ)





1時間ほど沸かしてこんな感じ。
あきらかに白さが増している!

DSCN7351.JPG

1回でこんなだから、こりゃあっという間に湯垢が付きそうだ。








5回ほど沸かしてこんな感じ。

DSCN7355.JPG

いい感じで白さアップ!





そして10回、20回と沸かし続けました

ちなみに沸かしたお湯を捨てるのは、もったいないしお金もかかるので沸かしたお湯はポットに空け次の日にまたポットから鉄瓶に入れて、沸騰して減った分をペットボトルから継ぎ足すというのを繰り返しました。
煮詰まってくると沸騰している泡も白いですっけ。












そして約25回ほど沸かし…

DSCN7363.JPG

ひゃ~!まるで雪が積もったように真っ白な湯垢が~!!
(画像ではわかりづらいですが、ミネラル分が結晶化してキラキラしてます)
25回全て注ぎ口あたりまで入れて沸かしたので、湯垢が付いている境がくっきりと出ました。


DSCN7313.JPG

使う前の新品状態がこんな感じなので、その違いが歴然です(;゚Д゚)









DSCN7366.JPG

蓋の周りまで湯垢が付いちゃいました。
使い始めて僅か半月の鉄瓶なのに長年使っている様な貫禄がつきましたね^^




と、いう事で今回の結論といたしましては、硬度の高いミネラルウオーターで沸かせば簡単に湯垢を付けることが出来る!です。(いや20回以上も沸かして簡単にといえるかどうかは何とも言えませんが…)
超硬水のコントレックスなら20回ほど沸かせば真っ白くなるという事がわかりました(巷にはコントレックス以上の硬度のヤツもあるらしいので、そっちなら更に早く付くことでしょう)
湯垢を付けて、錆びに強い鉄瓶に育てたい!という方は良かったらお試し下さい。

…とはいうものの、今回のは強制的に付けた湯垢ですよね、こんな付け焼刃的?な方法ではたして錆びに強くなったのかな…うーんどうなんだろ?正直わかりません。
わからないので、この先使い続けてどのように変化していくのか、錆びに強くなったのか?お湯は美味しくなったのか?使いながら見守っていきたいと思います。
数か月使ってみてどんな感じになったか、改めてまた報告しますね~



あ、ちなみに今回の実験ではエビアン1,5Lを2本
コントレックス1,5Lを4本使いました。
小さめの鉄瓶なら、もうちょっと少ない水の量で大丈夫だと思います。

1回に沸かした時間は、平均30分くらいグツグツ弱火で沸かしました。

参考までに。





それでは今回はこの辺で~^^








追記
湯垢で真っ白になった鉄瓶ですが、しばらく数回はコントレックスのミネラル分が溶けだすのか、お湯が美味しくないです…
ミネラルなので身体にはよいと思いますが、お湯が美味しくなるのには数回沸かさないとダメみたい。
キラキラ感が消えてくれば味も落ち着いてくるようです。











湯垢はミネラルウオーターで早く付くのかな?



こんにちは。

鉄瓶を長持ちさせてお湯を美味しく楽しむには湯垢がとても重要です、と言われます。
よくお客さんから「何年も使っているけど湯垢が全然付かないんです~」、って質問を受けることがありますが湯垢はその地域の水質によって付いたり付かなかったりなんですよね。

一般的に日本の水はミネラル分が少ない軟水なので湯垢が付きづらい水質です。
でも昔から何十年(百年以上)使われている鉄瓶って、見た目がちょっと引くぐらい(ウェ~ってくらい)湯垢が付いてますよね。
今とは生活様式が違うので、昔は囲炉裏や火鉢等に一日中ずーと火にかけていたから(しかも井戸水で)、あんなにビーッチリついていたと思われますが、今の生活で(水道水で)一日1~2回湯を沸かす程度ではなかなかあそこまで湯垢を付けるのははちょっと難しいんじゃないかな。
ただ今でも普通に井戸水を使っている家庭の鉄瓶は、結構しっかり湯垢が付いている様ですけどね。

でもまあ自分も20年以上鉄瓶を使ってるけど、湯垢が付かなくても別に問題ないでしょ、って思ってます。
湯垢が付かないから錆びるんじゃないかと心配している方、大丈夫です。
1年も使い込んで小慣れてくれば湯垢が付いてなくても錆びませんし、もちろんお湯も美味しいですのであまり湯垢にこだわらなくて全然大丈夫ですよ。
(錆びません、といいましたが濡れたまま放置すればやっぱ錆びますのでご注意を)




さて、湯垢は付いてなくても気にしなくて大丈夫だよ~、と前置きしておきながらなんなんですが今回の記事は「エビアンで湯垢を強制的に付ける!」です^^
大丈夫だよ~、といいつつもやっぱ湯垢が付いていた方が、使いこんでる感が出るし錆に対して武装してる感じで安心感があるからね。絶対湯垢を付けたい!という方は試してみて下さい。

そこで今回は水道水では中々付かない湯垢を、硬度304㎎/Lのエビアンでどんだけ付くのかちょっと実験してみました。
(ちなみに日本の一般的な水道水は硬度100㎎/L以下の軟水です)

初めに書きましたが、湯垢は無理に付けなくて大丈夫ですのであくまでご参考に^^


硬水でどんだけ湯垢が付くのかな?








DSCN7318.JPG

新品じゃなきゃ意味ないので、今回はこの風車紋様2,3Lうちの鉄瓶としては割と大きめの鉄瓶をおろす事にしました(試作で作ったものなので別にいーの)。
右隣はうちで使っている10年ものの黒丸くん1,5Lです。







DSCN7312.JPG

新品の内側はこんな感じです。
全体が青っぽい酸化被膜で覆われています(黒っぽい部分は漆でちょこっと補修した所)

新品の鉄瓶は、制作途中で付いてしまうホコリや煤、着色の時の漆を刷くクゴ刷毛のカス等が内側にくっついていることがありますので、使い始めは2~3回は沸かして捨ててを繰り返して下さいね。ゴミが取り除かれ、漆臭さも消えますので。




DSCN7323.JPG

1回沸かしたお湯は、やはり黒いホコリ等が混じってますね。
あ、でもこれ万が一飲んでも問題ないですので。なんかケミカルちっくな怪しいものは使ってないので、ご安心を^^






DSCN7330.JPG

3回沸かして、いよいよガソリンより高い超高級ミネラルウオーター様をご投入!

ちなみに3回水道水で沸かしたくらいでは、内側に何の変化もありません。
あ、ちょっとだけ薄ーく赤っぽくなりますが、そういうものですので「錆が出たー!!」と焦らないでくださいね。










DSCN7331.JPG

弱火でグツグツ沸騰させ1時間後、お湯を空けなかを見てみると…
お~、白くなってます!これが湯垢か~(おいおいっ)



DSCN7334.JPG


1時間沸騰、2回目~
ふむふむ、少し白さが増してるかな?






3回目も1時間沸かして捨てて(いや捨てて無いですけどね、ミネラルたっぷりの美味しいお湯なので^^もったいない)

DSCN7345.JPG

更に4回目、またまた1時間強沸かしてこんな感じです。
1回目よりはかなり白くなったんじゃないですか?






DSCN7347.JPG

ちなみに10年選手の黒丸くんの内側はこんな感じです(手前味噌だけど綺麗に使ってますね(*´з`)~♪)。
一部白くなっているけど、10年ほぼ毎日使っても湯垢らしい湯垢は付いてませんね。
なのに、エビアンで4時間沸かしたらあっという間に白くなっちゃった。
やっぱ水質で全然違うんだね~




ちなみにこの黒丸くん湯垢は付いてないけど、もう1日くらい濡れたままほったらかしてももう錆は出ません。
使い込むと違うのよ、やっぱり。
でも使い終わったら必ず乾かしてます。もう習慣化してるからね。





4回、計4時間以上グツグツやった結果、結構湯垢が付きました。
でも思ってたよりも白くなんなかったかな~
たぶんもうちょっと根気よく頑張れば、相当真っ白になると思うけど…

ただもう気長にやるのも面倒くさい大変なので、ここは更に硬度の高いヤツで沸かせばもっと早く湯垢が付くんじゃないかと思い、この方にお願いしました~!





DSCN7348.JPG

ばばん!「コントレックス」硬度1468㎎/L!超硬水!

エビアン硬度304㎎/Lに対して約5倍の硬度!
日本の軟水がだいたい30㎎/L位だから約50倍の硬度!!マジか…腹壊しそ…
ここまでの超硬水が普通にスーパーで売ってるんですね、知らなかった。

これで沸かしたら一気に真っ白になるのでは!?

という事で、コントレックスで沸かしたらどんだけ湯垢が付いたか、は次回更新でお知らせします~

ではでは^^























2020工の会展は中止です



こんにちは。

鹿児島の壺中樂さんでの展示会も24日に無事終了しました。
コロナの状況下、お客さんが来てくれるのか心配していましたが、たくさん来ていただいたということで本当にありがとうございます!
もし開催が6月だったら鹿児島まで行けたかもしれないと思うと、今回は本当にタイミングが悪かったです…

鉄瓶も何点か旅立って行きました^^
鹿児島の地で我が子達が活躍してくれると思うと嬉しいです!
ぜひ地元鹿児島の焼酎でお湯割りなんかもお楽しみくださいね~。
鉄瓶のお湯で割った本格焼酎はマジ旨しです。


24日終了後すぐに鉄瓶達は岩手に帰って来る予定でしたが、オーナーさんのご厚意により6月14日まで何点かそのまま展示されることになりました。今回見逃した~という方、ぜひどーぞ。









本当は壺中楽さんが終わって、戻って来た鉄瓶達を6月恒例の工の会展に出品する予定でしたが…
今年の工の会展はコロナっちのおかげで中止となりました、はぁ~。

今年は、工の会30周年記念という事でみなさん気合いが入っていたのに、本当に残念。

毎年楽しみに待っていてくれたお客様、どうぞ来年に期待してお待ち下さいね。















DSCN7150.JPG

今年もちゅん助のこっこ達が順調に巣立っていってます。






DSCN7154.JPG

くれぐれもモズの襲撃には気を付けろよ~(;゚Д゚)キョロキョロ