炭焼き体験とわっか鉄瓶




こんにちは。

コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか?
森のてつびん屋は、なんとかかんとか頑張って鉄瓶を作り続けております。


さて、3年くらい前に炭窯作りのお手伝いをしに北上市の炭窯元楽炭さんに何日か通っていたことがありましたが、石窯が完成して火入れまでは見届けたんですけど肝心の炭出しを見る機会をなかなか作れずにいたんですね。
ですが先日ついにやっと炭出しのお手伝いが出来る機会ができ、久しぶりに楽炭さんのところへ行ってきました。






DSCN7798.JPG

熱ちぃぃい!
炭を日常使いしているてつびん屋としては炭の熱さには慣れてますが、さすがに炭の出産とも言える大量の炭出しの現場は凄い熱さでした!
炭も熱いけど、楽炭の千田さん(画像)も熱い男です^^











DSCN7797.JPG


火の神様が確実にそこに存在する…












DSCN7801.JPG



炭には白炭と黒炭があるのですが、この窯では白炭を焼いています。
白炭と黒炭の違いといえば、白は硬くて火が着きにくいけど火持ちがいい。
対して黒は、火持ちはちょっと劣るけど着火しやすく取り扱いしやすいんですね。BBQなんかで使う炭はだいたい黒炭です。

作る工程ももちろん違います。
焼く窯は白炭は石窯で、黒炭は土窯で焼きますし焼き方も違うんですけど(詳しくはわかりません…)何といっても焼けた炭の消し方に大きな違いがあるんですね~
画像は出したばかりの炭に素灰(砂灰)をかけたところですが、白炭の場合真っ赤に焼けた炭にすぐさま灰をかけて消火します。
逆に黒炭の場合焼けた炭は窯から出さないで、炭が中に入ったまま窯に蓋をしてゆっくり消火するんです。なので窯から炭を出す際すでに冷えているのでその点では楽ちんなんですね(楽ちんって事はないか…。狭い窯に入って顔を真っ黒にして作業してますからね。)
激熱の中を作業するという点では、白炭作りの方が厳しい作業なのかもしれません。この作業を70代80代の職人さんが現役でやってるんですよ~すごいですよね(もちろん60代以下の若い方も頑張ってます!)。

高齢化が進む中、70代80代の炭焼き職人さんが頑張って焼いて頂いてます。炭がなきゃ仕事が成り立たない鉄瓶屋としてはなんとか炭業界には炭焼きの後継者育成、技術継承に頑張ってほしいと切に願っております。

これからBBQをやる際は、生産者のためにもちょっと割高でも国産(できれば岩手県産^^)の木炭を積極的に使いましょう!













ちょっと鉄瓶の紹介。

当工房の人気?鉄瓶、「棗型鉄瓶わっか」ってありますね。
定番は茶色仕上げですが、お客様のご要望で黒色に仕上げることも出来ます。

DSCN7719.JPG

黒もまた渋いですね。
さらに今回藍染紐を巻いてくれとのオーダーでしたので、黒わっかと藍染の青が良くマッチしています^^

あれ?よく見ると摘みが違うぞ?わっか鉄瓶の定番はドングリだけど…これは鈴だな…!











DSCN7724.JPG

はい!わっか鉄瓶のスピンオフ?わっかネコ鉄瓶、いや、わっかクロネコ鉄瓶でした~。摘みの鈴もチリチリ鳴ります!

わっか鉄瓶は容量が1・2Lで小さめの鉄瓶ですが、4~5人でお茶っこを楽しむのであれば十分なサイズです。女性でも楽しめるように軽めに作っていますので、鉄瓶デビューにもお勧めですよ^^!








棗型鉄瓶わっか 1・2L 36000円(税抜)

棗型鉄瓶わっかネコ 藍染紐巻鉉1・2L 41500円(税抜)





掲載された鉄瓶については、
info@tetsubinya.com 森のてつびん屋・鉄瓶工房高橋まで、お気軽にお問い合わせ下さい。















南部鉄器展~鉄をつむぐ~



こんにちは。

お知らせが遅れちゃったけど、南部鉄器展が開催中です!



img219.jpg


img220.jpg




新作南部鉄器展~鉄をつむぐ~

2020年11月1日(日)~23日(月・祝)

盛岡歴史文化館 2階企画展示室

盛岡市内丸1-50

9時~18時(観覧無料)


10代の若手から鉄瓶界のビッグネームまで、南部鉄瓶の主に新作がたくさん並んでます。
こんなにも個性豊かな鉄瓶職人が盛岡にはいるんです!
実は出品していない職人さんもまだまだいるんです!すごいでしょ?














そして北杜工藝展も、絶賛開催中です!


DSCN7699.JPG



DSCN7700.JPG


DSCN7703.JPG



DSCN7705.JPG



11月8日(日)までです。

前回紹介した、ちび丸ネオ草木染巻鉉3つはお陰様で完売してしまいましたが、ご注文はお受けしております。
美味しいコーヒーもいただけますので、のんびり気分でお越し下さい^^

あ、あと今回会期中限定で「和菓子 甘果」さん特製の創作和菓子を予約販売しています。
保存料とか一切使っていない、やさしい甘みのお饅頭。自分も食べたけど嫌みのない甘さでゆっくりと口の中で味わいたい逸品です。この味、子供にはわかんねぇだろうなぁ…ぜひご賞味を!
詳しくは藍學舎HPで。











第18回 北杜工藝展




こんにちは。

だいぶ寒くなってきましたね。
今年は霜が降りるのが遅くて、結構最近までナスやらピーマンやら遅くまで野菜が採れて嬉しかったです^^
今は夏に蒔いた大根がわんさかとおがってます~うれぴ~(おがる…これは北東北の方言。成長するとか大きく育つとかの意味ですね)



DSCN7684.JPG


工房の裏から見える岩手山も少しずつ白くなってきました。
いよいよ冬がやってくるな~








さて一昨年にも出品させていただきました、北杜工藝展。
宮城県の藍學舎さんの秋恒例の展示会ですが、今年は1年ぶりに出品させていただく事になりましたのでお知らせします。


img217.jpg





第18回 北杜工藝展

2020年10月31日(土)~11月8日(日)

10時~17時(最終日16時)

工藝藍學舎


宮城県加美郡加美町字西町78

0229-63-7-4739

工藝とは何か? 藍學舎が本テーマと真摯に向き合いながら、年に一度開催している秋恒例の展覧会のご案内です。
本展は、東北を始め国内外で広く活躍されている各工藝分野から優れた作り手を集めた総合展として毎年沢山の皆様から高い評価をいただいております。
深まりゆく秋のひとときを美しい工藝の世界でお楽しみください。
(藍學舎HPより)




宮城県では数少ない?優れた手工芸作品が並ぶ、工芸ギャラリーの藍學舎さん。
この面々の中に入れてもらって大変恐縮なのですが、漆・ガラス・陶磁器・染織など素晴らしい作家さんの作品が見られますので(もちろん購入出来ます!)ぜひ秋のドライブがてら足をお運びください。

マスクは忘れずにお願いしますね~(´ロ`)








DSCN7692.JPG

ちび丸"ネオ"の草木染巻バージョン3種(左から柿渋・藍・胡桃)を作りました。
鉉(つる・取っ手)が熱くならないので使い勝手がよいですよ^^
お好きな色を選んでくださいね~(各1個だけなのでお早めに~)



ちび丸ネオ 0・7ℓ 草木染巻鉉 キノコ摘み 34500円(税抜)













イワテバコ



こんにちは。

9月の2つの展示会も無事終了し、お陰様で沢山の鉄瓶達が嫁いでいきました、嬉し~^^
ご購入頂きましたお客様、ありがとうございました!
今回購入のお客様初めて鉄瓶を使われる方が多いと思いますが、何かと不安もあると思います。何かご質問、または不具合等ありましたら、何でもお気軽にご連絡下さいね。



DSCN7665.JPG

東京のさんです(画像は展示会を開催していた時のものです)
普段はお店になかなか納品できていないのですが、展示会直後の今ならお店に鉄瓶がまだありますのでよかったら宙さんのオンラインショップを覗いてみて下さいね。在庫があれば即購入可能ですのでお早めに!!(と、煽る)










ちょっとお知らせ。



イワテバコ受注会.jpg

お世話になっている、盛岡の(お洒落な)家具屋さんのHolzさんがイワテバコの受注会を開くというのでお知らせします。
イワテバコといえば、Holzさんがプロデュースしたオール岩手のかっちょええ家具です。
自分も引き出しの摘み(小っちゃ…)を作ってますので、ぜひ興味のある方は足をお運びください^^



------------------------------------------------------------------------------------------
『iwatebaco / イワテバコ』は盛岡市菜園に店舗を構える Holz /ホルツ が、
デザイン企画をして制作しているオリジナルの箱物家具です。
県内を中心に複数の職人に協力を頂き、それぞれの技術や素材を一つのモノに
取り込むことで、他ではない、岩手らしい、そしてホルツらしい家具となりました。
今回はそんなイワテバコをさらに、自分仕様にカスタムできる受注会を開催致します。
会期中は職人も会場内におりますので、細かい仕様の確認もとりながら打ち合わせが可能です。
なかなかない貴重な機会となりますので、この機会に是非ご覧頂けら嬉しいです。


⚫️日時
2020年10月09日(金) - 10月11日(日)
11:00 - 17:00 (最終日は16:30まで)
※職人の在廊スケジュールは後日お知らせします。

⚫️場所
旧石井県令邸
020-0875 岩手県盛岡市清水町7-51

⚫️問い合わせ
Holz / ホルツ
mail : holz@m8.dion.ne.jp

⚫️会期当日問い合わせ
090-4929-1510(Holz / 平山)
090-7322-6197(旧石井県令邸)

-----------------------------------------------------------------------------------------




以上、イワテバコのお知らせでした。










DSCN7278.JPG

お隣のヤギさん(名前・マリー)です。
飼い主さんが朝夕と2頭のヤギさんと片足のわんこと散歩してるんですが、牧歌的というんですかね、ホント心が安らぐ風景なのです。
ヤギいいわ~^^飼いて~






















草木染巻鉉鉄瓶



こんにちは。

以前、鉉(つる・取っ手)に紐を巻いてカスタムした鉄瓶を紹介したことがありましたが、藍染とクルミ染の2種類から今回新たな草木染バージョンを作ってみました。




DSCN7555.JPG

第3弾は、柿渋染紐です!

今回は仙台に染織工房を構える色葉工房の庄子葉子さんにお願いして染めていただきました^^(その節はありがとうございました!)
依頼したのは昨年の秋なのですが、柿渋は天日で干すと色が濃くなっていくという事で、今年の夏まで待ってギラギラの太陽の下で干したことにより凄くいい色に染め上がりました~。
時間をかけた分、大変だったと思いますがいい仕事をしていただきました^^!
(柿渋染紐の裏メニューとして、鉄媒染バージョンもあるのですがこれはまたいつかご紹介できればと…)






DSCN7548.JPG

ちび丸3兄弟も、お洒落さんになりました。
(左から、藍・クルミ・柿渋)







DSCN7559.JPG

まるっこ兄さんも、いい男っぷりですね!
(左から、柿渋・クルミ・藍)



画像上   鉄瓶ちび丸 0,7L 藍・クルミ・柿渋紐巻鉉 各32500円(税抜)

画像下   まるっこ鉄瓶 1,2L 藍・クルミ・柿渋紐巻鉉 各35500円(税抜)







さてさて、いよいよ今日9月11日から、石川のギャラリー萩さんで、

そして明日12日からは、東京の宙さんで展示会が始まります!


意図せず、日程がかぶってしまったので点数を揃えるのが大変でしたが、何とか間に合いました~^^
まさかの9月の激烈残暑、外気温35℃のなか炭火の前で一心不乱に鉄瓶に漆をジュージュー焼き付け仕上げましたよぉ!熱かろうが気は抜けないからね、終わった後は炭と同じく真っ白な灰になりました…
梱包まで全て終わったのが、最終便のトラックが出る30分前…ホントよくやったよ~俺(´ρ`)クタ~褒めてしんぜよう。




img206.jpg
「東北の作家たち」展Ⅹ

2020年9月11日(金)~17日(木)

ギャラリー萩

石川県加賀市大聖寺下屋敷町ホー8
TEL 0761-73-2714

10時~17時 会期中無休










img208.jpg
上田裕之・髙橋大益・タナカマナブ 三人展



東京都目黒区碑文谷5-5-6
TEL03-3791-4334

2020年9月12日(土)~21日(月・祝)

11時~17時  15日(火)・16日(水)は休み



今年の冬は特別な冬になりそうです。
鉄瓶でおいしい温かいホットな冬を過ごしましょ⛄
(どっかのキャッチコピーみたいだな…)






掲載された鉄瓶については、
info@tetsubinya.com 森のてつびん屋・鉄瓶工房高橋まで、お気軽にお問い合わせ下さい。















もう、9月ですね



こんにちは。

いよいよ9月の展示会が始まります!




img208.jpg
img209.jpg

上田裕之・髙橋大益・タナカマナブ 三人展



東京都目黒区碑文谷5-5-6
TEL03-3791-4334

2020年9月12日(土)~21日(月・祝)

11時~17時  15日(火)・16日(水)は休み


密を避けるために、初日12日の早めにご来店をご希望される方は
9月4日までにコチラからお申し込みください。詳しくは宙さんHPをご覧ください。

尚、一度に入店できる人数は6名までに制限させていただいております。


3年ぶりの、上田さんとタナカさんとの3人展。
今年はこういう状況なので、お二人にも会えないのか…せっかくの3年ぶりの機会なのになぁ…

お二人の作品も、作品というか道具ですね。
見れば絶対欲しくなる、使いたくなる、キッチンに置きたくなる素敵な道具ですので、ぜひぜひ見に来て下さい!







そんでうちの鉄瓶ですが、小さいものから(1L以下サイズ)、大きな(2Lサイズ)のものまでたくさん出品する予定です。
ご家族構成、ライフスタイルに合わせて選んでいただければと思います。





DSCN7424.JPG

今年作った、大っきい鉄瓶。
大きいといっても、容量2,3L。

うちで作っている鉄瓶は1,5Lサイズ以下のが殆どだったけど、2L以上の鉄瓶があればいいなぁ、というお客様のご要望にお答えして作ってみました。
大きいけど重量は約1,9㎏なので、このサイズにしては使いやすい重さだと思います。
うちのかみさんも、普通にコーヒーをドリップくるくるしていますっけ。
(怪力ではありません、ごく普通の妻です^^)

これ以外にも、大きいサイズを何種類か作りましたので、ぜひお店でご覧ください!
(画像があればよかったけど、じつはまだ出来てないのよ…間に合えばいいが💧)




布団型鉄瓶無地 2,3L 58000円(税抜)










そして石川県でも!


img206.jpg
img207.jpg

「東北の作家たち」展Ⅹ

2020年9月11日(金)~17日(木)

ギャラリー萩

石川県加賀市大聖寺下屋敷町ホー8
TEL 0761-73-2714

10時~17時 会期中無休

出展作家
亀山英児(陶芸)  ジェームス・オペ(陶芸) 
本間文江(手あぶり猫)  庄司人志(陶芸)
村山耕二(ガラス)  髙橋大益(南部鉄瓶)


ギャラリー萩さんでの会期終了後は、下記会場で引き続き展示販売致します。

10月2日~28日
山代温泉 九谷焼体験工房COCO

11月1日~23日
柴山町 ホテルアローレ ロビー


こちらは鉄瓶の数は少なめだけど、他の作家さんの魅力的な作品が
たくさん並びますよ~。

残暑にも負けず、腰の痛みにも負けず、頑張って作ってまーす!
コロナで大変だけど、お近くの方ぜひお越し下さい!!










9月の予定



こんにちは。

コロナ禍で大変な状況が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?
ステイホームで家にいる時間も多いと思いますが、そんな時こそ鉄瓶で淹れた美味しいお茶やコーヒーでホッと一息安らぎのひと時を過ごして頂ければ嬉しいです^^

DSCN7536.JPG

鉄薬缶「ぽっとっと」
注ぎ口が上についているので、沸かした時お湯が注ぎ口から噴き出ません。
(いや水をたっぷり入れれば、さすがに噴き出すのでご注意下さい。マジキケン)

0,8Lサイズと、1,3Lサイズの2種類あります。画像は1,3Lです。


鉄薬缶ぽっとっと 
0,8L 30000円
1,3L 33000円(どちらも税抜価格)







ちなみに自分は独立して以来、1年365日中355日は家(工房)にいる生活なので、10年前からステイホーム生活でございます。
おかげで人としゃべることがないので、口が退化してしまいました…やっぱしゃべってないと喉の機能や滑舌が悪くなります…ホントやばい…







さて、まだまだ暑い日が続いてますが、もう立秋を過ぎ季節はもう秋なんですよね~
この暑さから秋なんて思えないけど、確かに周りを見渡せばカエルの合唱はいつの間にか消え、変わって秋の虫たちがチリチリと鳴き、ススキが静かに穂を出しています。秋だ、間違いなく…

冬の準備といったらさすがに早いけど、今年の冬は鉄瓶で美味しいお茶を~なんて考えている方!9月に展示会を予定していますので、お知らせいたします。





9月12日(土)から21日(月)まで、東京のさんで、
上田裕之さん(包丁とフライパン)と、タナカマナブさん(陶器)との三人展です。
この二人とは3年前も一緒にやりましたので、来ていただいた方もいると思いますが久々の三人展、自分も楽しみです!

このコロナ禍でお店に行けるかちょっと微妙ですが、開催日まで少しでも落ち着いていたら東京まで行きたいと思っていまいます。
たくさん鉄瓶を作って準備していますので、鉄瓶をお考えの方ぜひこの機会に足をお運びください。







あと、昨年もお世話になりました石川のギャラリー萩さんの「東北の作家たち展Ⅹ」にも今年も出品します。
9月11日(金)から17日(木)まで。
こちらは点数がちょっと少なめですが、選りすぐりの鉄瓶を出品しますのでぜひお越し下さい!



数年前から決まっていた展示会、思いっきり日程ががかぶってしまって焦りましたがなんとか頑張って製作してます。
新作もいくつか作りましたので、見に来て下さいね~









DSCN7171.JPG

ちゅん助達の子育ても、そろそろ終わりかな?
今年は同じ鳥小屋で5回くらい(20羽以上!?)子っこ達が巣立ったんじゃないかな~
よくがんばった!えらい!
スズメが減少していると言われている現在(スズメ界も少子化の流れか…)ホント頑張りました◎!